福岡県那珂川市01 注文住宅建築現場リポート⑦

6月29日(木)曇り朝は、小雨が降っていましたが、リポートと出る頃は雨も上がりました蒸し暑い一日となりそうですが、雨よりはリポートしやすいですリポート中はヘルメットをかぶるのですが、頭は汗びっしょり頑張ります春日市より那珂川町へ6月17日の上棟式、誠におめでとうございます
福岡県筑紫郡那珂川町の現場です

▼本日の現場です上棟式より12日目ですブルーシートで覆われていますが、耐力面材張りが進んでいます
20170629 (21)

▼雨上がりなので足元に気を付けながら…足場を上がり屋根をパシャコロニアル葺き屋根です

20170629 (1)

20170629 (2)

▼早速、玄関よりお邪魔します
20170629 (14)

▼1階、キッチン周辺窓も入り、右側リビングには、外断熱のキューワンボードが積まれています
20170629 (6)

20170629 (7)

▼筋交いプレートですこちらも、2016年7月号の「クイズ欠陥住宅~金物編~」でも掲載しています地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。福岡工務店では、現場監督がしっかり検査を行います。
20170629 (9)

▼筋交いプレートですこちらも、2016年7月号の「クイズ欠陥住宅~金物編~」でも掲載しています地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。福岡工務店では、現場監督がしっかり検査を行います。
20170629 (10)

▼和室です
20170629 (11)

▼「おっ」上棟式で「手形を付けた梁(はり)」が見えています
20170629 (12)

▼2階の様子ですバルコニーの防水工事が終わると窓が入りますそれまでは、保管します
20170629 (20)

▼基礎の外断熱材のパフォームガード(白色)と耐力面材の様子です
20170629 (15)

▼玄関ポーチのひさしです「おっ」斜めの金物は、「鋼製火打梁」「火打梁」は、小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目がありますこのような部分は、工事が進むと見えなくなりますで撮影詳しくは、2016年2月号の福岡工務店だよりをご覧確認ください~
20170629 (16)

▼棟梁の田口大工、耐力面材張りの真っ最中です「こんにちは~お疲れ様です」
20170629 (18)

20170629 (19)

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください