福岡県那珂川市片縄北02 リポート⑥ ~上棟式1~

catで~す。

ブルブルっと寒い今日12月13日(土)、

福岡県那珂川町片縄北Aで、上棟の日を迎えたよhappy01

▼工事の始まりを待つ、静かな朝です。

141213katanawakita-joutou0.jpg

▼材料を覆っていたブルーシートを取ります。

141213katanawakita-joutou0-2.jpg

▼床いっぱいの材料。

今日は2階用の材料も置かれているようです。

141213katanawakita-joutou0-3.jpg

▼施主と棟梁によるお清めが始まりました。

141213katanawakita-joutou0-4.jpg

▼棟梁は泊親方。お米を置きます。

141213katanawakita-joutou0-4-2.jpg

▼施主はお神酒で清めます。

141213katanawakita-joutou0-4-3.jpg

▼地鎮祭の日は学校行事のために参加できなかった

長男のけいすけさんが、満を持して登場heart02

お塩でお清めを行いました。

141213katanawakita-joutou0-4-4.jpg

▼今日の工事の安全を祈って「乾杯sign01

141213katanawakita-joutou0-5.jpg

▼さあ、始まりましたshine

141213katanawakita-joutou1.jpg

▼通し柱の第一投ですsign01

141213katanawakita-joutou1-2.jpg

▼永留大工と泊好樹大工、2人ががりで

しっかりと立たせます。

141213katanawakita-joutou1-2-2.jpg

▼次々に柱が立っていきます。

141213katanawakita-joutou1-3.jpg

▼梁をクレーンで吊り上げます。

141213katanawakita-joutou1-4.jpg

▼梁の穴と柱のでっぱりをうまくかませます。

141213katanawakita-joutou1-5.jpg

▼凸凹がスッと入った時は、掛け矢(=木製ハンマー)で

やさしくトントンするだけで大丈夫。

141213katanawakita-joutou1-5-2.jpg

▼こちらはベテランコンビ。

クレーンで吊った梁を持っているのは宮崎大工。

141213katanawakita-joutou1-6.jpg

▼脚立に上って柱に差し込もうとしているのは、泊親方です。

141213katanawakita-joutou1-6-2.jpg

▼時にはこのように掛け矢を振り上げ、

力いっぱい叩くこともあります。

141213katanawakita-joutou1-7.jpg

▼今日は久しぶりに「サスマタ」が登場しました。

141213katanawakita-joutou1-8.jpg

▼手が届かない個所は、サスマタをグッと下げて

凸凹をかませるのです。

141213katanawakita-joutou1-8-2.jpg

▼なかなか味わい深い顔をしています。サスマタ。

141213katanawakita-joutou1-8-3.jpg

▼梁が付くと、横架材の「頭つなぎ」を設置していきます。

141213katanawakita-joutou2.jpg

▼野中大工が手にしているのが、頭つなぎ。

141213katanawakita-joutou2-2.jpg

▼掛け矢でコンコンするくらいで、スッと収まります。

141213katanawakita-joutou2-3.jpg

▼横架材が付くと金物の取り付けです。

141213katanawakita-joutou2-4.jpg

▼これは「羽子板ボルト」と呼ばれる金物。

面白いネーミングが多いんだニャアcat

141213katanawakita-joutou2-5.jpg

▼黙々と金物を付けていくため、おそらく上棟の作業の中で

最もシ~ンとする時間帯ですconfident

141213katanawakita-joutou2-6.jpg

▼「最もシ~ンとする」理由がもう1つあります。

上で金物を付けている時は、だいたいいつも陽気な泊親方が

下で建て入れ直しを行っているからですwink

141213katanawakita-joutou3.jpg

▼下げ振りという計測器を使って、柱が水平垂直に

立っているかを確認し…

141213katanawakita-joutou3-2.jpg

▼OKという目盛りに来た時に仮筋交いを釘で固定して、

関係する柱の垂直を保ちます。

今日は鉄製のガチャガチャも使用しての建て入れ直しです。

141213katanawakita-joutou3-3.jpg

▼上では、手で締めていた金物を電動でギュッときつく留める作業です。

141213katanawakita-joutou3-4.jpg

▼それが完了すると、2階の床材が運ばれてきます。

141213katanawakita-joutou3-5.jpg

▼みんなで所定の位置に運びます。

141213katanawakita-joutou3-6.jpg

▼床が張り終わると、次は2階の柱と梁の取り付けです。

梁が先に運ばれてきます。

141213katanawakita-joutou4.jpg

▼それを取り付ける場所のすぐ近くに持っていきます。

141213katanawakita-joutou4-2.jpg

▼柱が来ましたhappy01

141213katanawakita-joutou4-3.jpg

▼立てていきます。

141213katanawakita-joutou4-4.jpg

▼梁の第一弾。

141213katanawakita-joutou4-5.jpg

▼小さな梁(といっても、相当重いですがbearing)は

人力で持ち上げます。

141213katanawakita-joutou4-6.jpg

▼最も太い梁になると、当然クレーンで持ち上げますwink

141213katanawakita-joutou4-6-2.jpg

▼大津大工の指は、クレーンオペレーターの西崎さんへの指示です。

声が届きませんから、指を使って「もっと右に」とか「上げて」「下げて」、

「ストップ」などを伝えるのですhappy01

141213katanawakita-joutou4-7.jpg

▼手元に手繰り寄せます。

141213katanawakita-joutou4-7-2.jpg

▼足場ではなく、「足場の手摺り」に足をかけての作業です。

141213katanawakita-joutou4-7-3.jpg

▼こうして2階も碁盤の目の状態になりましたhappy02

141213katanawakita-joutou4-8.jpg

▼金物を付けます。

141213katanawakita-joutou5.jpg

▼電動できつく締めます。

141213katanawakita-joutou5-4.jpg

▼直角部分に差し込むのは、「火打ち梁」と呼ばれる梁。

141213katanawakita-joutou5-5.jpg

▼今届いたのは、「母屋」と書いて「もや」と呼ばれる横架材。

141213katanawakita-joutou6.jpg

▼母屋を取り付ける場所の近くに運びます。

背後に見える、クレーンに吊られて運ばれてくる“物体”は、

「小屋束」というもの。

141213katanawakita-joutou6-2.jpg

▼小屋束によって、屋根の勾配=傾斜が生まれます。

これは一番背の低い小屋束。

141213katanawakita-joutou6-3.jpg

▼好樹大工が金槌をうっているのは、最も背の高い小屋束。

ここに渡された母屋を「棟木」と呼びます。

141213katanawakita-joutou6-4.jpg

▼棟木が取り付けられています。

141213katanawakita-joutou6-5.jpg

141213katanawakita-joutou6-5-2.jpg

141213katanawakita-joutou6-5-3.jpg

141213katanawakita-joutou6-5-4.jpg

▼全景。最も高い部分の母屋が付きました。

つまり、「棟木がついた」=「上棟した」ということですsign01

141213katanawakita-joutou6-5-5.jpg

▼垂直に小屋束が立っているか、棟木が水平についているかを

複数でチェックしています。

141213katanawakita-joutou6-6.jpg

▼そこに面材を早目に付け、水平垂直を維持します。

ここで上棟ですsign01

141213katanawakita-joutou6-6-4.jpg

▼施主のおもてなしの昼食会が始まりましたnote

141213katanawakita-joutou7.jpg

▼泊棟梁とご挨拶。

141213katanawakita-joutou7-2.jpg

▼奥様と長女のゆうこさんを紹介します。

141213katanawakita-joutou7-3.jpg

▼長男の紹介の後、

「厳寒の中、早朝からありがとうございます」と、

ねぎらいの言葉をいただきましたconfident

141213katanawakita-joutou7-4.jpg

▼温かいお茶で乾杯shine

141213katanawakita-joutou7-5jpg.jpg

▼食事後、大工さんの休憩時間を使って、家族で

マイホームからの景色を堪能しましたheart02

実は次女のあつこさんはお仕事で欠席。

あつこさんにも楽しんでいただけるよう、cat頑張ってリポートをしていきま~すsign01

上棟、おめでとうございますnote

141213katanawakita-joutou7-6.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください