福岡県那珂川市片縄北01 リポート⑨

今日は8月12日。お盆を前に泊ジュニアにお目にかかろうと、もとい、住まいの進捗状況を見てみようと、那珂川町片縄北の現場に出かけました。

233-01.jpg

▼脚立を上り、2階へ。おっ、床がスベスベ

233-02.jpg

▼フローロングが貼られつつあります。

233-03.jpg

▼ジュニアが電動マルノコを使っています。

233-04.jpg

▼切れ目を入れたい木材を下敷き用の木材の上に置き、滑っていかないよう釘で止めます。

233-05.jpg

▼今日の機械の音は「キィーン」という高音ではなくもっと重たい音です

233-06.jpg

▼というのも慎重にゆっくりと動かしているから

233-07.jpg

▼中心付近を大胆に削っていきます。

233-08.jpg

▼削り取られた個所はノミで綺麗に整えます。

233-09.jpg

▼削っていたのは実は裏面。

何をしていたのかというと、今日のこのブログの一番最初にお見せした2階に上ったばかりの写真の、最も手前に取り付けられるものを制作していたのです!

ん?何のこっちゃ!?…ですか

ジュニアの言葉をお借りすると「階段の最上段の上り框(かまち)の蹴込み部分。」を作っていたということです。

削り取ることでパコンとはめ込むことができます。

233-10.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください