福岡県那珂川市仲丸01 リポート⑥

catです。

福岡県那珂川町仲丸の建築現場に来ていますsign01

今日は11月10日(土)。

「高気密・高断熱の福岡工務店の家」の威力を

チェックするための「気密検査」が行われるため、

その様子を見てみたいにゃあと、

本日現場を訪れましたwink

▼本日の外観

121110chumaru1.jpg

▼いつも整理整頓されている現場。検査のために施主が来られるため、

今日はさらにきれいですscissors

121110chumaru2.jpg

▼高気密の家づくりは、断熱材(この家はキューワンボードという

外張断熱材を使用)と、それを施工する大工の腕にかかっています。

そういうわけで、泊好樹大工は、検査中は作業を行わず見守ります。

sad顔が見えないのは、電気工事の山中さん。

相変わらずカメラのレンズを向けると、俊敏に隠れますweep

121110chumaru3.jpg

▼外では作業が行われます。

外壁屋さんが、今からバルコニーの外側に

防水シートを貼りますhappy02

121110chumaru4.jpg

▼外壁の職人さんnote

121110chumaru4_2.jpg

▼断熱材が貼られていない個所、ここではバルコニーに防水シートを貼り、

防水シートの外側と断熱材の外側に、「通気胴縁」を付けていくのです。

さらに言えば、その外側に外壁を取り付ける…というのが、

外壁工事の流れbleah

121110chumaru4_3.jpg

▼胴縁の材料。杉です。

121110chumaru4_4.jpg

▼室内に入ってみましょうheart01

これが気密測定の機械。

121110chumaru5.jpg

▼測定している時間体を活用してさまざまな打ち合わせを行います。

これは施主・インテリアコーディネーターを交えて、「どこに照明器具を設置するか」

「そのためには、どこにコンセントが必要か」といった、電気工事の打ち合わせの

様子です。そっか、だから山中さんがいるんだにゃhappy01

121110chumaru6.jpg

▼打ち合わせは、かなり長時間かかります。

そこで現場助手の樋渡おにいちゃんが、なおかちゃんの相手。

お外で遊んでいましたlovely

121110chumaru7.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください