福岡県宗像市田熊01 注文住宅建築現場リポート⑤

6月22日(金)晴れ新宮町と古賀市の完成リポートと宗像市の3現場のリポートをさせていただきます暑いのですが、絶好のリポート日和となりました昨日は、弊社の歓迎会を兼ねたボーリング大会とても楽しいひと時を過ごすことが出来ました今朝は、あちこちで足や肩がこって痛い・・お疲れ気味でしたが、これからもスタッフ一同、皆さまのお家づくりのお手伝いを一緒にさせて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します古賀市より宗像市へ福岡県宗像市田熊の現場です6月7日の上棟式、おめでとうございます

▼本日の現場です耐力面材張りが終わり、外断熱のキューワンボード張りが進んでいますそして、ツーンとしたにおいがしていますバルコニーの防水工事中です
20180622 (1)

▼お昼前ギリギリに現場に到着したので、中よりリポートします「こんにちは~お疲れ様です
20180622 (2)

▼棟梁の土﨑大工は、外断熱のキューワンボードをカット中です
20180622 (3)

▼1階全体をパシャ
20180622 (16)

▼浴室です
20180622 (5)

▼斜めの木が「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20180622 (6)

▼筋交いプレートです地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。福岡工務店では、金物検査で現場監督がしっかり検査を行います。
20180622 (7)

20180622 (13)

▼壁の下地が進んでいます
20180622 (8)

▼2階へ上がります
20180622 (9)

▼「おっ」斜めの金物は、「鋼製火打梁」「火打梁」は、小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目があります
20180622 (10)

▼バルコニー防水工事中です「お疲れ様です~
20180622 (11)

20180622 (12)

▼そして、上棟札が工事の安全を見守ってくれています
20180622 (14)

▼吹き抜けです
20180622 (15)

▼続いて、足場を上がります耐力面材と外断熱のキューワンボード張りの様子が分かります
20180622 (17)

▼さらに上がります
20180622 (18)

▼外から防水工事をパシャとても広く庇のあるバルコニーです
20180622 (19)

▼1番上まで上がりますガルバリウム鋼板屋根です暑いのですが、青空と雲に爽やかさを感じます
20180622 (20)

▼土﨑パパ大工は、お昼前のひと作業外断熱のキューワンボード張り中です
20180622 (21)

▼土﨑大工は、外断熱のキューワンボードをカットしています
20180622 (22)

20180622 (23)

20180622 (24)

お昼ギリギリにもかかわらず、リポート出来ました土﨑大工「ありがとうございました

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください