福岡県宗像市05 注文住宅現場リポート⑤

こんにちは。リポート担当の有村です。12月1日(火)晴れ。本日は、上棟後どのように現場が進んでいるか見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼すでに屋根の施工が完了していました。

▼1階部分です。様々な部材や機材の搬入が行われていました。

▼こちらの斜めに取り付けられている部材は筋交いといいます。建物が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱となっています。

▼上を見上げると、上棟札が取り付けられていました。棟木に取り付け、お家を守ってくれます。

▼棟梁の土崎大工です。これから家の外側全体に貼っていく、耐力面材あんしんの施工を行っていました。

▼この耐力面材、1枚1枚非常に重量があるのですが、さすが大工職人ひょいひょいと持ち上げ取り付け場所まで運んでいきます。1枚持たせてもらいましたが、とてもじゃないですがあんなに軽く持てる気がしませんでした…

この後、引き続き耐力面材貼りが行われ、金物取付と中間検査に向けて作業が進んでいきます。
それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください