福岡県宗像市04 注文住宅建築現場リポート⑦

こんにちは7月3日(水)雨。福岡県宗像市Dの現場です。梅雨に入りあいにくのお天気ですが、工事は順調に進んでいます

▼本日の現場ですキューワンボード(断熱材)に「通気胴縁」が施工してあります
1900703宗像市D_0001-min

▼早速、足場を上がってみます縦に木材が取り付けられています。これが「通気胴縁」です。壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるため施工されます
1900703宗像市D_0029-min

▼換気用ダクトです外壁サイディング工事が入ると見えなくなります。福岡工務店では、通気層では気密防水テープでしっかり止水対策を施しています外部からの入水を防ぐという意味とは別に、高い気密性能をも実現させています。福岡工務店では、現場監督が特にシビアにチェックしていきます
1900703宗像市D_0056-min

▼玄関上部の庇は、屋根ではなく、バルコニー同様の防水仕上げになっています
1900703宗像市D_0022-min

▼現場監督の田之上が、何やら外壁の業者さんと話しをしています
1900703宗像市D_0073-min

▼「土台水切り」の工事が入っていました「土台水切り」とは、外壁の一番下に取り付け、伝い落ちる雨水を外へ誘導する部材です。外壁から伝わった雨が、基礎に侵入しないように取り付けています。
1900703宗像市D_0059-min

▼レーザーで水平をだし、墨出しをして、取り付けられています
1900703宗像市D_0025-min

▼それでは中へ入ってみます「こんにちは~お疲れ様です
1900703宗像市D_0002-min

▼気密検査が終わり、電気工事と給排水工事が進んでいます24時間換気システムも付きました
1900703宗像市D_0003-min
1900703宗像市D_0005-min

▼現場監督の田之上と棟梁土崎大工は、今後の工程と段取りを打合せ中です
1900703宗像市D_0066-min
1900703宗像市D_0038-min
1900703宗像市D_0031-min

▼壁や床には、色々バミりが貼ってありました
1900703宗像市D_0061-min
1900703宗像市D_0068-min
1900703宗像市D_0071-min

▼続いて2階へ上がってみます2階では土崎パパ大工が、フローリングの床張りの真っ最中
1900703宗像市D_0013-min
1900703宗像市D_0009-min

▼フローリング材を採寸~カット。接着剤を付け、釘打ちをし、施工していきます
1900703宗像市D_0041-min
1900703宗像市D_0049-min
1900703宗像市D_0045-min
1900703宗像市D_0047-min

▼床張りのフローリングは、板のズレなどがないよう、壁で部屋が仕切られる前に、2階全部屋通して敷いていかれます
1900703宗像市D_0034-min

▼休憩時間に入り、今一度打合せです。現場監督は、大工さんや職人さんと段取りや施工に関する確認や相談をし、工事が円滑に進むよう現場をまとめています
1900703宗像市D_0017-min
1900703宗像市D_0053-min
1900703宗像市D_0069-min

それでは次回リポートをお楽しみに

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください