福岡県宗像市03 注文住宅建築現場リポート⑤ 

3月26日(火)晴れぽかぽか陽気の一日となりました本当に桜の満開が待ち遠しいですお昼は、公園でお弁当をのんびりすませました福津市より宗像市へ福岡県宗像市Cの現場です

▼本日の現場です耐力面材張りが終わり窓も一部入りました
20190326 (1)-min

20190326 (2)-min

▼足場を一番上まで上がります屋根はコロニアル葺きです
20190326 (3)-min

20190326 (4)-min

▼玄関上部で土﨑大工パパが工事中です「こんにちは~お疲れ様です」
20190326 (5)-min

20190326 (6)-min

▼それでは中へ
20190326 (7)-min

▼続いて2階へ
20190326 (8)-min

▼筋交い工事と金物取り付けが進んでいます斜めの木が「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20190326 (9)-min

▼筋交いプレートです地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。福岡工務店では、金物検査では現場監督がしっかり検査を行います。
20190326 (10)-min

▼奥行きのあるバルコニーが素敵ですよく見ると・・斜めの金物は、「火打梁」で構造上「鋼製火打梁」を施しています「火打梁」は、小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目があります
20190326 (11)-min

20190326 (12)-min

▼バルコニーよりパシャリ▼分かりづらいのですが、真正面にも「鋼製火打梁」を施しています
20190326 (13)-min

20190326 (14)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください