13福岡県宗像市 一覧

福岡県宗像市B 注文住宅建築現場リポート④ ~祝・上棟式~

 

こんにちは暑い日が続きますね、皆様どうお過ごしでしょうか
さて、昨日8月8日(水)、福岡県宗像市にて上棟式を執り行いました
雲ひとつない青空のもと、施主ご一家の笑顔や、スタッフの笑い声が絶えない、素敵な上棟式となりました

それでは、早速上棟式の様子をリポートさせていただきます

 

▼午前8時、施主ご一家が到着さっそく、お清めの儀である「四方固め」のレクチャーが行われていました
180808 (1)-min

▼土地を清める儀式「四方固め」がはじまりましたまずは、棟梁の土﨑大工がお塩を置きます。
180808 (2)-min

▼次に、奥様にはお米を置いていただきました。お子さまのちるちゃんも、ドキドキしながらお清めにチャレンジ
180808 (3)-min

▼最後は、ご主人にお神酒をかけていただきました奥様、ちるちゃんが見守っている様子がとても微笑ましいです
180808 (4)-min

▼四方固めの後は、これからの工事の無事、そしてご家族の末永い繁栄を願って乾杯
180808 (5)-min

▼午前8時10分ごろ、上棟作業(建て方)がスタート!まずは、所定の位置へ柱を配置。その後、通し柱(2階天井まで届く長い柱)→外側の柱→内側の柱の順番で立ち上げていきます。
180808 (6)-min

▼約10分ほどで、1階の柱がほとんど立ち上がりました次に、柱の上に横架材こと「梁」を設置していきます。ここから「クレーン車」も作業に加わり、一気にスピード感が増していきます。
180808 (7)-min

▼梁が設置し終わったら、「建て入れ直し」という作業が行われますまずは、柱に「下げ振り棒(写真左側に写っている道具)」を取り付けます。その後、「屋起こし器(写真右側の道具)」を使って、柱が基礎にたいして垂直に立っているかを調べていきます。
180808 (10)-min

▼泊豊大工が厳しくチェック下げ振り棒に内蔵されている「振り子」が真下を指していたら柱が垂直になっている証拠です
180808 (9)-min

▼しっかりと真下を指していますこの建て入れ直しは、家が傾かないように行う作業のため、ミリ単位での調整が必要になります少しのズレも許されない、とても繊細で重要な作業でもあります
180808 (8)-min

▼全ての柱が垂直になったところで、梁と柱の固定をそれぞれに行っていきます
180808 (11)-min

▼固定は人海戦術で行うので、現場監督たちも全員駆けつけます
180808 (12)-min

▼午前9時30分ごろ、作業も順調に進み、2階の床板が運ばれてきました
180808 (13)-min

▼約20分ほどで床板の設置も完了、2階の柱の設置がはじまりました
180808 (14)-min

▼こちらは、屋根の施工の様子ですちょうど「棟木」の取り付けの真っ最中!この棟木が付くことにより、「上棟」を迎えます
180808 (15)-min

▼クレーン車の様子、そして現場の状況をチェックしていた現場監督の田之上。真剣な表情で「棟木」の取り付けを見守ります
180808 (16)-min

▼棟木の取り付けが終わって一安心、するのもつかの間!まだまだ上棟作業は中盤屋根の施工を進めていきます。
180808 (17)-min

▼屋根を構成する部材、「小屋束」「母屋」「棟木」の取り付けがほぼ終わりました屋根がどんな形状なのかが、少しずつ見えてきましたね
180808 (18)-min

▼下の様子を見てみると、現場監督の中村が部材の上げ下ろしをサポートしていました現場監督は、作業に参加するだけでなく、現場の状況に応じたサポートも行っています
180808 (19)-min

▼2階の柱にも建て入れ直しが行われていました
180808 (20)-min

▼屋根の施工のリポートへ戻ります。「垂木」が運ばれてきていました垂木1本1本を、等間隔で並べて設置していきます。180808 (22)-min

▼取り付けの終わった垂木へ、現場監督の田之上が「発泡ウレタン」を流し込んでいました母屋と垂木のあいだには、ほんのわずかですが隙間ができます。この部分を発泡ウレタンでしっかりと埋めることにより、住宅の気密性がより高められていきますそして、時間はもうすぐお昼時。お待ちかねの昼食会の時間がちかづいてきました
180808 (23)-min

▼お楽しみの昼食会!…の前に、北嶋から大きなスイカをプレゼント
福岡工務店では、毎年七夕のイベントとして、ご家族の心温まるお願い事が書かれた短冊をいただき、事務所に飾っています。今回は特別企画として、社員が一番「おっ!」と思ったお客様へ七夕スイカをプレゼントすることになりました詳細については、福岡工務店だより9月号に掲載しております!ぜひチェックしてみてください
180808 (24)-min

▼午後0時20分過ぎ、待ちに待った昼食会のスタートです施主ご一家、スタッフ、大工職人全員がワイワイと盛り上がり、とても賑やかな会となりました
180808 (25)-min

180808 (26)-min

▼昼食会の後は、恒例の現場見学のお時間ですお父さんに支えられ、ちるちゃんも2階の様子を見に行ってくれましたちょうど梯子をあがっているところをパシャリ
180808 (27)-min

▼現場見学中も笑い声が絶えることはなく、現場監督の田之上も自然と笑顔が浮かぶほどでした
180808 (28)-min

▼ご夫婦だけですが、屋根の上にも登っていただきました最高の青空をバックに「はい、チーズ
180808 (29)-min

▼これから本格始動する家づくり、ご夫婦お二人の話も自然と弾みます。
180808 (30)-min

▼楽しかった昼食会も終わり、作業再開断熱材「キューワンボード」を設置し、専用の気密テープできちんと張り合わせていきます。
180808 (31)-min

▼午後3時30分過ぎ、「通気胴縁」の取り付けまで完了しましたこの後は、屋根の下地となる「野地板」を設置していきます。
180808 (32)-min

▼午後4時頃、野地板の設置も終わりました。余分な板をカットし、作業はひと段落をむかえます。その後、防水工事を専門とするルーフィング業者の職人によって、何重にも防水シートが施工されます。
この度の上棟式、誠におめでとうございます引き続き、素敵で楽しい家づくりをお楽しみください
180808 (33)-min


福岡県宗像市B 注文住宅建築現場リポート③

8月6日(月)晴れ宗像市2現場と福岡市博多区1現場の3現場のリポートをさせていただきます昨夜は、久留米の花火大会に出かけました真上近くに打ち上げられる花火に皆さん拍手その中でも、梅の花の花火に「おっ!」でした!そして地元の方の話し声が・・・「久留米には梅光寺があるからだろうね!」との会話に、私もなるほどととても感動する花火大会に、将来福岡工務店の「おっ!ロゴマーク」も花火で打ち上げられたらなあ~と思いました福岡県宗像市の現場です8月8日の上棟式に向けて準備が着々と整っています

▼本日の現場です前回リポートから2週間基礎工事配筋工事→型枠取り付け→コンクリート打設→基礎養生の後、棟梁の土﨑大工による土台敷きと進み、資材が搬入されブルーシートで養生中です
20180806 (1)

20180806 (8)

▼本日は、正野さんが給排水工事の真っ最中です「こんにちは~お疲れ様です
20180806 (2)

20180806 (5)

▼正野さんは、簡易扇風機付きの作業着を着用「これがないとやっていけませんよ~」とのこと熱中症対策の必需品です
20180806 (4)

▼外断熱住宅ですので、基礎の外側にパフォームガード(白い部分)が施されています。このパフォームガードは、防蟻性能は半永久的、人体や環境にも優しいというすぐれものです
20180806 (6)

▼外に出ている給排水管には、モコモコの防蟻発砲ウレタンを充填しています
20180806 (3)

▼そして、分かりづらいのです基礎と土台の間に黒く見えるのは基礎パッキンです基礎パッキンは、床下の換気を良くすると共に、基礎と土台の縁を切り、コンクリートが吸った湿気を土台に上げない役目があります
20180806 (7)

▼本日の昼食は、近くの福津海岸でお弁当をとりました暑いのですが、気持ちいい昼食となりました
20180806 (9)

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/


福岡県宗像市田熊 注文住宅建築現場リポート⑧

8月6日(月)晴れ宗像市2現場と福岡市博多区1現場の3現場のリポートをさせていただきます昨夜は、久留米の花火大会に出かけました真上近くに打ち上げられる花火に皆さん拍手その中でも、梅の花の花火に「おっ!」でした!そして地元の方の話し声が・・・「久留米には梅光寺があるからだろうね!」との会話に、私もなるほどととても感動する花火大会に、将来福岡工務店の「おっ!ロゴマーク」も花火で打ち上げられたらなあ~と思いました
先ずは、福岡県宗像市田熊の現場です

▼本日の現場です外壁工事のサイディング張りも終わり、足場が外れ外観の初お披露目です
20180806 (1)-min

▼ホワイトを基調としたシンプルな外観です
20180806 (2)-min

▼玄関のタイル工事が終わっていました

20180806 (3)-min

▼勝手口のポーチも出来ています
20180806 (4)-min

▼左官工事の建物基礎巾木工事も終わってます
20180806 (5)-min

▼それでは中に入ります
まずは玄関側からパシャリ石膏ボード張りもだいぶ進んでいます

20180806 (6)-min

▼玄関横で現場監督の田之上が棚の位置の確認をしております
福岡工務店ではこうして大工職人がスムーズに作業に入れるように、現場監督がサポートしています
20180806 (9)-min

▼「おっ!」階段が仕上がっています
20180806 (7)-min

▼階段下を利用したトイレがわかるようになりました
それでは2階のリポートに入っていきます
20180806 (8)-min

▼2階廊下をパシャリ
20180806 (11)-min

▼バルコニーへの扉です
こちらは防火構造住宅ですので、防火設備用ガラスですガラスの中にワイヤー(網)が入ったガラスのことで、火災時にガラス破片の飛散防止を目的とした防火設備用のガラスです
20180806 (12)-min

▼こちらは子供部屋ですドアの扉枠が付きました
後で二部屋に分けれるようになっており、これも注文住宅だからこそ実現しました
20180806 (10)-min

▼2階廊下より吹き抜け部分をパシャリ
20180806 (13)-min

▼資材や道具はいつも整理整頓されており、キレイに保たれております
いつも現場がキレイだとこちらまで気持ちが良くなりますねぇ~
20180806 (14)-min

▼土崎大工は石膏ボード張り真っ最中です大工職人の真剣な表情
20180806 (15)-min 20180806 (16)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/


1 2 3 4 12