福岡県三井郡大刀洗町02 注文住宅建築現場リポート⑦

1月7日(月)晴れ新年あけましておめでとうございます今年もよろしくお願いいたします初の現場リポートは、とてもいい天気に恵まれぽかぽか陽気のリポート日和となりました筑紫野市より大刀洗町へ福岡県三井郡大刀洗町Bの現場です

▼本日の現場です耐力面材張りが終わり窓が入り外断熱のキューワンボード張りも進んでいますバンバンと音がしていますので、どこかで棟梁の泊大工は外断熱のキューワンボード張り中です
20190107 (1)-min

▼玄関ドアは、まだのようです早速、中よりリポートします
20190107 (2)-min

▼1階全体です
20190107 (3)-min

▼よく見ると斜めの金物を取り付けています「鋼製火打梁」です「火打梁」は、小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目がありますこのような部分は、工事が進むと見えなくなりますでパシャリ
20190107 (10)-min

▼建物奥には、外断熱のキューワンボードを保管中です外断熱のキューワンボードについて「こちらより」詳しくご覧いただけます
20190107 (4)-min

▼続いて2階へとても窓が多く明るいです
20190107 (5)-min

▼それでは、外へ泊大工は、今年も笑顔で工事しています「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします
20190107 (7)-min

▼奥に進み気密テープを張る前に窓をパシャリ
20190107 (8)-min

▼そして、前回工事中だった屋根をパシャリ分かりづらいのですが、奥のグレイ色のシートは、アスファルトルーフィングで防水の役目があります福岡工務店では、250ミリ以上の巻き返しです。長さが短いと隙間からの雨漏りや雨漏りが原因で釘などの金属も錆びたりします。
20190107 (9)-min

▼今年も「おっ!」がこもった代表阿久津の直筆とスタッフ手作りのしめ飾りで、2019年をお迎えさせて頂きましたどうぞよろしくお願いいたします
DSC_0002-2

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください