大刀洗町B 一覧

福岡県三井郡大刀洗町B 注文住宅建築現場リポート②

11月9日(金)晴れ曇りの予報でしたが、晴天に恵まれリポート日和となりました爽やかな風が吹いてますが、車中は暑くクーラーをつけて運転このまま暖かい日が続くといいですねそんな思いを寄せ運転していると、なんと!川辺にたくさんのかかしが飾られていましたリポートの最後にご紹介しますので、お楽しみに(^^)/福岡県三井郡大刀洗町Bの現場ですお待たせしました!着工しています

▼本日の現場です
20181109 (1)-min

▼周りの木は「やり方」です。福岡工務店では、現場監督によるやり方施工にこだわりを持っています。やり方は、工事を着手する前に建物の正確な位置、寸法、直角、地盤の水平を出すなど、建築では基礎工事完了までの重要なものです。
20181109 (2)-min

▼よく見るとやり方には、▲GL+550の印が記入されています基礎工事には欠かせない、高さ基準の指示になる大事な印です
20181109 (3)-min

▼やり方工事が終わると、基礎工事の根切り・砕石・転圧工事へと進んでいきます
20181109 (4)-min

▼建物外側では、給排水管工事が進んでいます
20181109 (5)-min

▼本日のこちらのリポートの最後は、道中のかかしたちとそこに咲きほこる寒緋桜をお届けいたします心がほっこりしますね
20181109 (6)-min

20181109 (7)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡県三井郡大刀洗町B 注文住宅建築現場リポート① ~祝・地鎮祭~

こんにちは(^^♪

9月25日(火)、福岡県三井郡大刀洗町にて地鎮祭を執り行いました澄み切った青空に涼しい秋風が吹く心地よい地鎮祭日和となりました
それでは、早速、地鎮祭の様子をリポートしたいと思います

▼午前11時10分ごろ、テントの準備が進み、あとは祭壇ができるのを待つのみです
20180925 (2)-min

20180925 (3)-min

▼敷地には、秋のお彼岸の時期に咲く彼岸花ご先祖さまも喜んでおられるようです
20180925 (1)-min

▼午前11時20分頃、施主ご一家が来られました
20180925 (4)-min

▼まずはテントに入る前に手を清めて頂きますすーくんもご両親と担当コンシェルジュの北嶋に見守られながら、しっかり手を清めます
20180925 (5)-min

▼続いて、神主さんから地鎮祭での作法について説明があります。皆様、ほとんどが初めてだと思いますが、こうしてきちんと説明がありますので、安心して地鎮祭に臨んでいただけます
20180925 (6)-min

▼「修祓(しゅばつ)」という掛け声で、ついに地鎮祭がスタートまずはご神前に向かっておおきく一礼です
20180925 (7)-min

▼すーくん初めてなので興味津々のようです
20180925 (8)-min

▼神主さんが「大幣(おおぬさ)」を大きく振り、祭壇や参列者全員をお祓いをしたあとは、「降神の儀」にて神様をこの地にお招きします
20180925 (9)-min

▼続いては「祝詞奏上(のりとそうじょう)」です。神主さんが大きな声で祝詞を読み上げます
20180925 (10)-min

▼祝詞奏上には神様に祭祀(さいし)の意義や目的を申し上げる儀式であり、この間の施主ご一家とスタッフは静かにご低頭をします
20180925 (11)-min

▼続いて、テントの外へ出て「四方祓いの儀(しほうばらいのぎ)」が執り行われます。順番に土地の四隅をお清めしていきます
20180925 (12)-min

▼神主さんによる「四方祓いの儀」と同時に、施主ご家族には敷地全体にお塩とお神酒を撒いていただきます
20180925 (13)-min

20180925 (15)-min

▼すーくんは、お塩を撒いてくれました
20180925 (14)-min

▼テントに戻り「地鎮の儀(じちんのぎ)」です。なんと!すーくん、全部に参加してくれましたまずは「刈初の儀(かりそめのぎ)」が行われますご主人様と一緒に初めての共同作業ちょっと緊張しています
20180925 (16)-min

▼続いて、奥様とすーくんによる「鍬入れの儀(くわいれのぎ)」が行われました。先ほどとは違い、やる気満々のすーくんにみんな思わず笑みがこぼれました
DSC_0050-min

▼最後の「杭打ちの儀」は福岡工務店より、担当コンシェルジュの北嶋&すーくんペアーと現場監督小屋町が担当させていただきました
20180925 (18)-min

▼地鎮祭もいよいよ大詰めです続いては、これからの工事の安全、そしてご家族の繁栄を願う「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」。真剣に玉串に願いを込めます
20180925 (19)-min

▼すーくんもそっと祭壇へ玉串を奉奠します
20180925 (20)-min

▼施主ご一家に続いて、福岡工務店を代表して設計を担当している朴が「無事にお家が完成しますように」と玉串に願いを込めて行わせていただきました
20180925 (21)-min

20180925 (22)-min

▼最後は「昇神の儀(しょうしんのぎ)」にて、お呼びした神様にお帰り頂きますご神前に一礼をし、これで地鎮行事は終了となります
20180925 (23)-min

▼地鎮式が無事に終了したことと、そして「工事安全&家内安全」を祈って、全員で乾杯です
20180925 (24)-min

▼神主さんから「上棟札(じょうとうふだ)」が手渡されますこれから建てる家の梁に取り付けるお札で、完成すると見えなくなってしまいますが、陰ながら家族を守ってくれる心強い守り神様です
20180925 (28)-min

▼現場監督の小屋町もご挨拶させて頂きました
20180925 (29)-min

▼地鎮祭の後は、図面を見ながら建物が建つ位置の最終確認をしていただきます駐車スペースやお庭の広さをイメージしていただきながら、設計の朴と現場監督の小屋町がご説明させていただきました
20180925 (30)-min

20180925 (31)-min

▼説明の間、すーくんは、のびのび敷地探検そして、見つけた棒を朴に見せに行きました
20180925 (33)-min

▼すーくんの優しい笑顔に私たちも癒されました
20180925 (34)-min

▼本日の地鎮祭、誠におめでとうございますこれから始まる念願の家づくり、ぜひお楽しみください
20180925 (27)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪