福岡県久留米市01 注文住宅建築現場リポート⑥

こんにちは。リポート担当の有村です。3月5日(金)曇り。本日は、上棟後どのように現場が進んでいるか見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼外側には銀色の外断熱材キューワンボードの施工が完了していました。家全体を外断熱材で覆っているため、魔法瓶のようなお家になります。

▼続いて1階部分です。

▼こちらの斜めに取り付けられている部材は筋交いといいます。建物が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱となっています。

▼壁や天井の下地作りが完了しています。この上から石膏ボードが貼られていきます。

▼棟梁の泊大工です。床材の施工を行っていました。丁寧にカットしていき、丁寧にはめ込みガンで留めていきます。パズルのようにピッタリハマっていくのが見ていても気持ちがいいですね。

▼2階部分です。こちらも1階部分と同様に下地と床材の施工が完了していました。

▼バルコニー部分です。床には防水加工が施されていました。

▼気密検査に向けて、現場監督や品質管理課が入念にチェックを行っていました。このように自社で現場のチェックを行っているのも福岡工務店の強みですね。

この後、気密検査が行われ、石膏ボード貼り、外壁の施工が行われていきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください