福岡県久留米市北野町01 リポート④ ~上棟式~

catで~すsign01
本日1月15日(木)、
福岡県久留米市北野町で上棟の日を迎えましたhappy01
施主一家の到着ゥ~up
150115kitanomachi-joutou0.jpg

▼“建て方”の前には、建物が建つ四方を清めます。
棟梁がお米を置きます。
この現場の棟梁は、泊好樹大工が務めます。

150115kitanomachi-joutou0-2.jpg

▼田之上現場監督が、お塩を置きます。

150115kitanomachi-joutou0-3.jpg

▼施主と、長男ふーちゃん、次男すーちゃんの3人が
お神酒で清めます。

150115kitanomachi-joutou0-4.jpg

▼そして、工事の安全を祈って全員で乾杯happy01

150115kitanomachi-joutou0-5.jpg

▼さあ、工事が始まりました。

150115kitanomachi-joutou1.jpg

▼8分後には、ご覧のとおりwink

150115kitanomachi-joutou1-2.jpg

▼柱が建つと、梁を渡します。
重たい梁は、UFOキャッチャーのように、クレーンで吊り上げます。

150115kitanomachi-joutou1-3.jpg

▼これがクレーンで吊り上げた第一弾。

150115kitanomachi-joutou1-4.jpg

▼まずは一辺の梁を付けます。

150115kitanomachi-joutou1-5.jpg

▼四辺を付けた後、内側の梁を付けていきます。

150115kitanomachi-joutou1-6.jpg

▼梁などの横架材が、あらから付きました。
でもまだ空間がいっぱいあるような…gawk

150115kitanomachi-joutou2.jpg

▼ホラッ、横架材を“受け止める”ための窪みが見えますeye

150115kitanomachi-joutou2-3.jpg

▼そこに差し込まれえるのが、この材料。
頭つなぎと言います。

150115kitanomachi-joutou2-4.jpg

▼頭つなぎを差し込んでいるところ。

150115kitanomachi-joutou2-5.jpg

▼ぴったり、はまりましたbleah

150115kitanomachi-joutou2-6.jpg

▼そのころ1階では、上棟恒例の「建て入れ直し」。
柱が垂直に建っているかを「さげ振り」の目盛りで確認し、
ピタリの位置に来たところで、
仮筋交いを釘止めするのです。

150115kitanomachi-joutou2-7.jpg

▼頭つなぎの設置が終わると、
金物で留め、それを電動でギュインと締めていきます。

150115kitanomachi-joutou2-8.jpg

▼柱・梁などがすべて取りつけられると、その上に2階の床を
張ることができるようになります。
150115kitanomachi-joutou3.jpg

▼床用の合板を運ぶ人、釘で仮止めする人、
エアー工具を使って釘を高速で打っていく人…
声を掛け合うわけではないのに、自然に役割分担してるから、
cat、いつも「すごいニャア」「不思議だニャア」って思いますhappy01

150115kitanomachi-joutou3-2.jpg

150115kitanomachi-joutou3-3.jpg

▼高田大工は、吹き抜け部分に板を渡しています。

150115kitanomachi-joutou3-4.jpg

▼床が張り終わりました。

150115kitanomachi-joutou3-5.jpg

▼先ほどの吹き抜けの場所を、こうして歩くことができますwink

150115kitanomachi-joutou3-6.jpg

▼次は2階の柱と梁。

150115kitanomachi-joutou4.jpg

▼先に届いた梁を、作業しやすい位置に移動させます。

150115kitanomachi-joutou4-2.jpg

▼柱を建てます。

150115kitanomachi-joutou4-3.jpg

▼すっごく重い梁を、2人で持ち上げます

150115kitanomachi-joutou4-4.jpg

▼足場の床ではなく、鉄パイプを組んだ高い所にのぼるのは、
しんぺい大工。

150115kitanomachi-joutou4-5.jpg

▼こんな位置で、掛け矢(=木製ハンマー)を振り下ろしますsign01
すごいパワーとバランス力ですhappy02

150115kitanomachi-joutou4-8.jpg

▼こうして梁の一辺がつながりました。

150115kitanomachi-joutou4-9.jpg

▼梁が柱にキチンとはめ込まれる様子をアップで見てみようね。

150115kitanomachi-joutou5.jpg

150115kitanomachi-joutou5-2.jpg

▼ここでピタッとはまったのは…

150115kitanomachi-joutou5-3.jpg

▼梁の両端で掛け矢を打ち込むからです。

150115kitanomachi-joutou5-4.jpg

▼2階の柱・梁ができた時点で、大工さん達は休憩に入りましたhappy01

150115kitanomachi-joutou5-5.jpg

▼約30分後、再開sign01
金物の取り付けです。

150115kitanomachi-joutou6.jpg

▼金物が付けられている穴の中に道具を入れ、
両手を交互に前後させています。
こうして指を入れにくい場所に付けた金物を締めているのです。

150115kitanomachi-joutou6-2.jpg

▼その道具はこれsign01
大工さん達は「メガネ」と呼んでいますhappy02

150115kitanomachi-joutou6-3.jpg

▼いよいよ上棟に向けた材料達が届いたよsign01
小屋束と母屋です。

150115kitanomachi-joutou6-4.jpg

▼今建てようとしているのが、小屋束。

150115kitanomachi-joutou6-5.jpg

▼この時期になると、泊親方と高田大工は
必ず2階で別の作業を行います。

150115kitanomachi-joutou6-6.jpg

▼上棟の日に一部、壁の取り付けを行います。
その担当が、この2人なのです。
その壁用の面材を柱の出っ張り等に合わせてカットしますhairsalon

150115kitanomachi-joutou6-7.jpg

▼2人で運んで…

150115kitanomachi-joutou6-8.jpg

▼ハイ、壁にぴったりhappy01

150115kitanomachi-joutou6-9.jpg

▼高田大工は柱に切り込みを入れて、そこをノミで削ります。
泊親方は木材にやはり切り込みを入れて、ノミで削ります。

150115kitanomachi-joutou6-10.jpg

150115kitanomachi-joutou6-11.jpg

▼泊親方の木材を受け取り、
高田大工が先ほど削った個所にはめ込みます。

150115kitanomachi-joutou6-12.jpg

▼泊親方がノミで凹ませたところには、
間柱という柱を差し込む…という仕組みですhappy01

150115kitanomachi-joutou6-13.jpg

catが2匹いたらニャア…wobblyといつも思うのが、この時。
泊・高田両人の作業をずっと見ていたら、
アレレ、上では小屋束が付き、その上に乗せる母屋も完了していましたsign03

150115kitanomachi-joutou7.jpg

▼最も背の高い小屋束の上に渡された母屋、
つまり屋根のてっぺんにあたる部分ができあがることを、
「棟木が上がった」と言います。
そうです、これが「上棟したよheart02」なのですsign01

150115kitanomachi-joutou7-2.jpg

▼小屋束と母屋は頑丈に固定しなくちゃbleah
写真の金物は「かすがい」という名前。
そうだよ、ふーちゃんとすーちゃんのことだねlovely

150115kitanomachi-joutou7-3.jpg

▼下げ振りを使い、また目視によって、水平垂直を
みんなで真剣に確認します。

150115kitanomachi-joutou7-4.jpg

▼そして仮筋交いを釘で留めて、
水平垂直を保持させます。

150115kitanomachi-joutou7-5.jpg

▼上棟しましたぁ~

150115kitanomachi-joutou7-6.jpg

▼正午少し過ぎ。施主のおもてなしの昼食会が始まりました。

150115kitanomachi-joutou8.jpg

▼棟梁・好樹大工がご挨拶。

150115kitanomachi-joutou8-2.jpg

▼施主が「朝からずっと見ていますが、みなさんの力で
こんなに早くここまでできるんですね。
寒い中ありがとうございます」と温かい言葉をくださいました。

150115kitanomachi-joutou8-3.jpg

▼昼食後、大工さん達が休憩している時間を使って、
施主は2階に上がりました

150115kitanomachi-joutou8-4.jpg

cute上棟、おめでとうございますsign01

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください