古賀市B 一覧

福岡県古賀市B 注文住宅建築現場リポート⑦

1月24日(木)晴れ本日もとても温かくリポート日和となりましたでも週末は、寒波到来で雪の予報が出ているようです寒くなると猛威を振るっているインフルエンザも更に流行してきますので、気をつけましょう特に受験生の皆さま要注意です福岡県古賀市Bの現場です

▼本日の現場です外壁工事が終わっています
20190124 (11)-min

▼それでは、中へ
20190124 (1)-min

▼1階全体をパシャリ壁と天井の下地が進み、床張りも終わっています
20190124 (3)-min

▼こちらの住宅は省令準耐火構造住宅ですので、ダクトは専用のものです煙火しにくい構造です
20190124 (2)-min

▼石膏ボード張りが進んでいます
20190124 (4)-min

▼それでは、2階へ「こんにちは~お疲れ様です」棟梁の松浦大工は、石膏ボード張りの真っ最中です
20190124 (5)-min

▼石膏ボードをカットする時粉塵が舞うので、このような機械をつかいます使用しないときはこの状態です
20190124 (6)-min

▼カットすると大きく膨らみますここの細かい粉塵が吸収されます現場が綺麗なんですね
20190124 (7)-min

▼それでも少なからず粉塵が舞うのでマスクで防護
20190124 (8)-min

▼続いて、バルコニーです
20190124 (9)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡県古賀市B 注文住宅建築現場リポート⑥

1月10日(木)曇りのち雨こないだニュースで歌手の西野カナさんが無期限の休業すると発表がありましたね若い頃まだ恋愛をしていた時期によく聴いてカラオケで歌ったりしたのでさみしい気持ちです安室ちゃんも引退したし歌姫達がドンドンいなくなり寂しいですねでも宇多田ヒカルさんも人間活動を終えてから戻ってきてくれたので西野カナさんもまた一回り素敵になって帰ってきてくれることを楽しみに待ちましょう本日は古賀市Bの現場よりリポートをお伝えいたします

▼本日の現場です現場に着いた時にはまだ雨は降ってきていませんでした
DSC_0001-min

▼こちらは、換気用ダクト外壁サイディング工事が入ると見れなくなる貴重な部分です福岡工務店では、通気層では気密防水テープでしっかり止水対策を施しています外部からの入水を防ぐという意味とは別に、高い気密性能をも実現させています
DSC_0003-min

▼外では外壁工事をされていました「お疲れ様です」外壁は素敵な石畳風の外壁です
DSC_0006-min

▼それでは早速玄関より中に入っていきます
DSC_0007-min

▼玄関より中に入ると右手に早速浴室部分が浴室のドアも脱衣室の窓も入っています
DSC_0009-min

▼浴室上部には24時間換気システムがあります24時間換気システム本体をアップこちらから各部屋へダクトが伸びています
DSC_0010-min

▼伸びたダクトホースの入一部をパシャリ
DSC_0013-min
▼一回リビング部分より全体をパシャリこれから貼られる石膏ボードが沢山置いてあります物があってもどれもピシーっと綺麗に整頓されています大工の人柄が表れていますね
DSC_0012-min

▼二階に上がってきましたこの日は曇っていて暗かったのですが、二階は日当たり抜群です
DSC_0014-min

▼二階吹き抜け部分です
DSC_0015-min

▼二階主寝室ですとても広いです
DSC_0016-min

それでは次回のリポートもお楽しみに(^^♪

福岡県古賀市B 注文住宅建築現場リポート⑤

12月6日(木)雨久しぶりの雨の中のリポートとなりました都市高速を運転しながら、今年は古賀市・福津市・宗像市のリポートをたくさんさせて頂き、土地勘も深まったな~これからもリポート頑張りますので、よろしくお願い致します11月24日より約2週間の福岡県古賀市Bの現場です

▼本日の現場です養生ネットで分かりづらいのですが、ブルーシートに覆われています
20181206 (1)-min

▼早速、中へ耐力面材張りが進み、玄関ドアが入っています
20181206 (2)-min

▼「こんにちは~お疲れ様です」窓枠が分かるようになりました窓は、それぞれの場所に搬入しています
20181206 (3)-min

▼続いて2階へ2階も窓枠が分かりますね
20181206 (4)-min

▼「おっ」斜めの金物は、「鋼製火打梁」「火打梁」は、小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目がありますこのような部分は、工事が進むと見えなくなりますで撮影
20181206 (5)-min

▼よく見ると、上棟札をご安置されています
20181206 (6)-min

▼斜めの木は「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20181206 (7)-min

▼筋交いプレートです地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。福岡工務店では、現場監督がしっかり検査を行います。
20181206 (8)-min

▼棟梁の松浦大工は、窓枠の下地工事中です「お疲れ様です~
20181206 (9)-min

20181206 (10)-min

20181206 (11)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

1 2 3