福岡県古賀市04 注文住宅建築現場リポート⑥

こんにちは。リポート担当の有村です。2月19日(水)晴れ。先日福岡でもついに雪が降り出し、これから寒くなるかと思いきや、本日は日も照っており暖かい1日となりました。もうこのまま冬が過ぎ去ってしまいそうですね。
それでは早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。

▼外側では外断熱材キューワンボードの取り付けが進んでいました。
気密検査前に気密テープ等がしっかり施工されているかチェックを行います。

▼こちらはバルコニー部分です。広いバルコニーにはすでに防水加工が完了していました。

▼2階部分です。

▼壁や天井の下地の施工が進んでいました。精密な施工を行うことによって、このようにきれいな碁盤目状に仕上がります。

▼棟梁の高田大工が天井の下地作りを進めていました。
熟練の技で、採寸から加工、取り付けまでをあっという間に進めていきます。
いつも笑顔の高田大工も施工中には真剣な表情をのぞかせます。

▼こちらでは担当現場監督の中村が、気密検査に向け気密処理を行っていました。
隙間になりそうな柱の間などにウレタンを充填することで、更に上の気密性を実現することが出来ます。
細かいところではありますが、徹底することで高品質な住宅を作り上げることが出来ます。

この後、引き続き壁や天井の下地作りが進んでいき、気密処理の後、気密検査に進んでいきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください