福岡県糟屋郡宇美町02 注文住宅建築現場リポート⑧

7月3日(火)雨台風7号北上目前ですが、宇美町と大野城市の2現場のリポートをさせていただきますところで、明け方のワールドカップサッカーベルギー戦の応援された方も多いのではないでしょうか悔しい結果になりましたが、たくさんの感動「おっ!」を頂きましたリポート頑張ります先ずは、福岡県糟屋郡宇美町の現場です

▼本日の現場です外壁工事が進んでいます台風前ですが、棟梁の田口大工も出てきています外断熱のキューワンボード張りが終わり、通気胴縁工事と進み防水工法をとるためにウォーターガードを張っているところが分かります
20180703 (1)-min

20180703 (2)-min

▼無事気密検査を終え、電気工事が進んでいますそして、現場監督による詳細が貼付されています福岡工務店ではこのように、現場で職人さんが動きやすいように現場監督が施していきます
20180703 (4)-min

▼リビング側より全体をパシャ天井と壁の下地が進んでいます
20180703 (5)-min

▼浴室周辺です換気用ダクトが付いています
20180703 (6)-min

▼キッチンです換気用ダクトが伸びています
20180703 (7)-min

▼このように隙間には発砲ウレタンフォームを充填しています石膏ボード張りが進むと見えなくなるのでしっかり
20180703 (8)-min

▼キッチンよりリビングを
20180703 (9)-min

▼和室には、床材が保管中です
20180703 (10)-min

▼24時間換気システム用ダクトです
20180703 (11)-min

▼天井の隙間もこのように隙間なく、発砲ウレタンフォームを充填しています
20180703 (15)-min

▼続いて、2階へバルコニーの防水工事が終わり、窓が入りました
20180703 (12)-min

▼あちらこちらにこのように貼付しています
20180703 (13)-min

▼棟梁の田口大工は、吹き抜けの壁の下地作りの真っ最中です「こんにちは~お疲れ様です
20180703 (14)-min

20180703 (16)-min

20180703 (17)-min

▼壁の下地が完成している部分です両側に石膏ボードを張り壁になります
20180703 (18)-min

▼雨が上がったので足場を上がりぐるりと回ります縦の木材は通気胴縁です通気胴縁とは、壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるために施工します。
20180703 (19)-min

▼「おっ!」24時間換気システム用ダクトです外壁サイディング張る前をリポートでき、貴重な一枚となりましたこのように福岡工務店では、通気層では気密防水テープでしっかり止水対策を施しています外部からの入水を防ぐという意味とは別に、高い気密性能をも実現させています。
20180703 (20)-min

▼東側です
20180703 (21)-min

▼外断熱のキューワンボードと基礎のパフォームガードは、しっかり気密防水テープを施しています
20180703 (22)-min

▼建物前には、外壁サイディング材が養生保管中です
20180703 (23)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください