福岡県糟屋郡新宮町01 注文住宅建築現場リポート⑤

3月22日(木)雨時々曇り本日は、福岡市南区・新宮町・古賀市の3現場のリポートをさせていただきます肌寒い日が続いています明後日からは、嬉しい春休み再びインフルエンザも流行しているようですので、皆さま体調壊されませんように福岡市より新宮町へ道中の都市高速が8キロ渋滞都市高速だけで40分ほどかかりました福岡県糟屋郡新宮町の現場です

▼本日の現場です耐力面材張りが進んでいます
20180322 (1)-min

20180322 (2)-min

▼西側は耐力面材張りが進み、窓枠が分かるよになりました
20180322 (3)-min

▼小雨が降っていますので、中に入ります「こんにちは~お疲れ様です」玄関です
20180322 (8)-min

▼主寝室より全体をパシャ
20180322 (4)-min

▼浴室です
20180322 (5)-min

▼中央は、ダイニング&キッチン左側は、洗面脱衣室とパントリー右側は、リビングです
20180322 (6)-min

▼子供部屋①②と主寝室です窓枠の下地が進み窓の形が分かります
20180322 (7)-min

▼斜めの木は「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20180322 (9)-min

▼棟梁の西大工による筋交い中央をパシャ大工職人技が光っています
20180322 (10)-min

▼筋交いプレートですこちらも、2016年7月号の「クイズ欠陥住宅~金物編~」でも掲載しています地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。福岡工務店では、現場監督がしっかり検査を行います。
20180322 (12)-min

▼斜めの金物「鋼製火打梁」「火打梁」は、小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目がありますこのような部分は、工事が進むと見えなくなります
20180322 (11)-min

▼お待たせしました~建物外で棟梁の西大工が、耐力面材張りの真っ最中です
20180322 (13)-min

▼数ミリ単位でカットしていきます声もかけられないほど、集中しています
20180322 (14)-min

20180322 (15)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください