福岡県糟屋郡志免町04 注文住宅建築現場リポート④~木工事・軒天~

こんにちは。リポート担当の有村です。5月27日(木)晴れ。本日は、軒天部分の施工を行っている様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼外壁部分には、外断熱材キューワンボードの施工が完了していました。専用の気密テープでしっかりと留められています。

▼1階部分です。

▼前回施工途中だった、壁や天井の下地作りが完了していました。木材が正確な間隔で組み合わさることで、きれいな碁盤目に仕上がっています。

▼床材の施工も完了していました。しっかりと養生ボードで保護されています。

▼棟梁の泊大工です。軒天部分の下地の施工を行っていました。カットした木材をがんで取り付けていきます。軒天部分にもキューワンボードが施工されているため、しっかりと高気密・高断熱に仕上がります。

▼先ほどの下地に木目調の軒天を施工していきます。弟子のケント君と一緒に持ち上げ、ガンで固定していきます。今から完成が楽しみですね!

▼こちらでは、担当現場監督の津留崎が気密処理を行っていました。隙間になりそうな部分や、外気に面している部分にウレタンを充填していきます。一つ一つ細かいところまで現場監督自らチェックし、施工を行っていきます。施工技術に自信がある福岡工務店ならではの、こだわりポイントですね!

この後、気密検査が行われ、内部では石膏ボード張り、外部ではサイディングの施工が行われていきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください