福岡県糟屋郡志免町03 注文住宅建築現場リポート④

こんにちは7月4日(木)晴れ福岡県糟屋郡志免町Cの現場です。九州地方は梅雨入りしましたが、この日は太陽が顔を出し、上棟前の土台敷が順調に進みました。それではリポートいってみましょう

▼本日の現場です床合板敷きの真っ最中でした「こんにちは~お疲れ様です」
190704志免町C_0001-min

▼棟梁の永留大工が絶賛作業中でした。床合板を敷き、土台に留めています。
190704志免町C_0011-min
190704志免町C_0009-min

▼他の部分も見てみます墨に合わせて土台を配置しています
190704志免町C_0004-min

▼床の下です。銀色の金物は「床束」です。この「床束」は、金属製のため、白蟻による浸食の心配がありませんこれは調整式で大引きが水平となるように微調整されています
190704志免町C_0049-min

▼外断熱住宅ですので、基礎の外側にオプティフォーム(白い部分)が施されています。基礎と土台の間に黒く見えるのは基礎パッキンです基礎パッキンは、床下の換気を良くすると共に、基礎と土台の縁を切り、コンクリートが吸った湿気を土台に上げない役目があります
190704志免町C_0057-min

▼オプティフォームにオプティシートという防蟻用のシーリング材を施工していきます
190704志免町C_0066-min
190704志免町C_0046-min

▼足元の赤土の部分に養生を張っています。上がったり降りたりする際、汚れない様気を配っています
190704志免町C_0039-min
190704志免町C_0040-min

▼棟梁の永留大工に何やら動きが
190704志免町C_0020-min

▼床合板を土台に合わせてカットされるようですプレカットによる工場での加工が主流となっていますが、この部分は現場施工です190704志免町C_0021-min

▼計測~墨出しをし、床合板をカット
190704志免町C_0025-min
190704志免町C_0027-min
190704志免町C_0032-min
190704志免町C_0033-min

▼斜めになっている土台に合わせて、床合板もぴったりです。
190704志免町C_0035-min

▼土曜日の上棟に合わせて準備も万端
190704志免町C_0051-min
190704志免町C_0019-min
190704志免町C_0064-min

▼上棟式が晴れますように・・スタッフ一同心よりお祈り申し上げます
てるてる坊主

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください