福岡県糟屋郡志免町02 注文住宅建築現場リポート⑥

4月14日(木) 天気 晴れ
朝は曇っていましたが、お昼になって晴れ間が出てきました

▼本日の現場
先週上棟も無事に終わり、木工事が始まっています。
1
▼建物内では、田口大工が筋交い設置の作業中でした
2
▼工具でビス止めをしています。あっという間の作業です
3
▼まっすぐの柱と斜めの柱が、ぴったりとかみ合っています職人の技ですね
4
▼柱の上下には筋交い用の金物が取り付けられています。
5
▼こちらはすでに完成した筋交いの部分。柱が少しの隙間もなくぴったり組み合わさっていますね
6
▼2階に上がってみましょう。
2階の屋根には、断熱材が既に貼られています
7
▼2階の壁も、耐力面材が一部貼られていますね
8 9
▼こちらは1階リビングの上の吹抜けになる部分。とても大きくて、約9畳分ありますどんな感じに仕上がるのか、今から楽しみですね
10
▼そしてこちらは2階バルコニー部分。こちらも広いです
ちなみにこの下1階部分はテラスになる予定です
道路と反対側に設置されているので、プライバシーもバッチリ確保できますね
11
▼足場を使い、屋根も撮影しましたが、まだ屋根は設置されていませんでした
設置後にまたお伝えします
12
▼1階に降りてみると、田口大工は別の筋交いの作業に取り掛かっていました。
13
▼何回見ても寸分の違いもなくピッタリです
14
着々と工事が進んでいますね

さて、先週の上棟の際の柱にあった器械ですが…、
あの器械は水平を測るもので、上に梁が乗るような重要な柱の水平を測っていました。
少しでも傾いていたら後々大変なことになりかねませんので、とても大事な作業の1つです。

以上、志免町からのリポートでした

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください