志免町C 一覧

福岡県糟屋郡志免町C 注文住宅建築現場リポート① ~祝・地鎮祭~

昨日、3月28日(木)桜も咲き始め、春らしい気候の中、福岡県糟屋郡志免町にて地鎮祭を執り行いました。
それでは早速、リポートしたいと思います

▼はじめに、設計士の朴より建物の位置の確認などをご説明させて頂きました。

20190328 (1)-min

20190328 (5)-min

▼地鎮祭の開始です。

20190328 (3)-min

▼スタッフがご挨拶をしたのち、まず手のお清めを全員させていただきます

20190328 (6)-min

▼続いて、神主さんから地鎮祭での作法について説明があります。皆様、ほとんどが初めてだと思いますが
こうしてきちんと説明がありますので、安心して地鎮祭に臨んでいただけます。

20190328 (7)-min

▼参列者全員をお祓いをしていただきます。神主さんが手に持っている「大幣(おおぬさ)」が左右に大きく振られます。
「サッサー!サッサー!」と大幣の音が心に響きます
20190328 (8)-min

▼お祓いが終わると、ついに神様をこの地にお招きする「降神の儀(こうしんのぎ)」「祝詞奏上(のりとそうじょう)」と続きます。

R3_01575-min

▼祝詞奏上が終わり、テントの外へ出てきました。「四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)」では、ご主人にお神酒、奥様にお塩をまいていただきました。

20190328 (9)-min

▼土地の隅々までお清めします。

20190328 (10)-min

▼テントの中も隅々まで撒き清めます。

20190328 (11)-min

▼まだまだ神事は続きます。大地に生えている草を刈って、これから家を建てるということを神様にお披露目するための「刈初の儀(かりそめのぎ)」です。

20190328 (12)-min

▼続いて奥様に、土を耕し整地する意味がある「鍬入の儀(くわいれのぎ)」をして頂きました。

20190328 (13)-min

▼施工会社がしっかりと丈夫な家を建てるという意味が込められている「杭打ちの儀(くいうちのぎ)」は、コンシェルジュの原田と設計の朴が担当させていただきました。
「エイッ!オー!エイッ!オー!エイッ!オー!」と威勢のいい掛け声が一面に響きわたります。

20190328 (14)-min

▼続いて「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」です。玉串奉奠は、工事の無事竣工やご家族の健康など、
数々の思いを玉串(榊に紙垂をつけたもの)によせ、ご神前に捧げるものです。

20190328 (15)-min

▼施主ご一家に続いて、福岡工務店を代表して設計士の朴が「無事に完成しますように」と玉串に願いを込めて行わせていただきました。

20190328 (16)-min

▼最後は「昇神の儀(しょうしんのぎ)」にて、お呼びした神様にお帰り頂きます。ご神前に深く一礼をし、これで地鎮行事は終了となります。

20190328 (17)-min

▼地鎮祭のシメはこれから本格的に動きはじめる家づくりを祝って、祭壇のお神酒で乾杯です。

20190328 (18)-min

▼神主さんより、上棟札のお渡しです。棟上げ後、柱に祀るお札です。

20190328 (20)-min

▼この度の地鎮祭、誠におめでとうございます。これからの家づくり、ぜひ楽しまれてください

20190328 (19)-min

▼この日は天気に恵まれ、桜も祝福してくれているようでした。

20190328 (2)-min