福岡県糟屋郡03 注文住宅建築現場リポート⑥

こんにちは。8月21日(水)晴れ。まだまだ残暑厳しいですが、現場は順調に作業が進んでいます。早速リポートしたいと思います。

▼本日の現場です。外断熱材が張られ、ネットで少し見にくいですが銀色に輝いています。

▼足場で上に上がってみます。コロニアル葺き屋根が施工されています。

▼玄関上部の庇部分の内側は、防水加工が施されました。排水口・オーバーフローが設置されています

▼窓やサッシも設置されました。窓枠は気密テープでしっかり塞いでいます。テープの張り方を、下⇒両横⇒上の順番にすることで、通気層に水が入ってきても下に流れるようになっています

▼それでは中へ入ってみたいと思います。「こんにちは~お疲れ様です」

▼棟梁の高田大工は、天井下地の作成中でした。




▼2階へ上がってみます。吹き抜け部分に窓が入りました。よく見ると細かな部分にもウレタンフォームが施されています。高気密には欠かせない施工です。


▼バルコニーへ行ってみます。

▼防水加工が施され、気密テープも細かいところまで貼られています。

▼2階はこれから下地作業に入ります。

数日後に控えた気密検査にむけて、作業は順調に進んでいます。それでは、次回リポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください