福岡県糟屋郡01 リポート⑦ ~上棟式~

catです。今日は4月12日(土)。

福岡県糟屋郡で、めでたく上棟の日を迎えましたhappy01

作業を始める前に、材料を覆っていたブルーシートをはずします。

140412kasuya-joutou1.jpg

140412kasuya-joutou1-2.jpg

▼今回は、こんなに広~い家です。ブルーシートの下には、

こんなにたくさんの柱・梁があったんだニャbleah

140412kasuya-joutou-a.jpg

▼施主ご一家が到着しましたlovely

140412kasuya-joutou1-3.jpg

▼建築する四隅を清めていきます。

高田棟梁がお塩で清めます。

140412kasuya-joutou1-4.jpg

▼施主はお神酒をまいて清めます。

140412kasuya-joutou1-5.jpg

▼お清めのお神酒なので、いつはちゃんとあおいちゃんも

参加。空っぽのカップを受け取りましたchick

140412kasuya-joutou1-6.jpg

▼今日の工事の安全を祈って、乾杯sign01

140412kasuya-joutou1-7.jpg

▼柱が取り付けられると脚立があっちこっちに運ばれます。

140412kasuya-joutou2.jpg

▼そう、梁の取り付けに必要だからhappy02

140412kasuya-joutou2-2.jpg

▼みんなで力を合わせます。

140412kasuya-joutou2-3.jpg

▼高いところが特に大好きな、泊親方…

140412kasuya-joutou-b.jpg

▼「若いモンには負けられんsign01」とばかりに

木製ハンマー(掛け矢)を打ち込みます。

相方は、こちらもベテランの石橋大工。

140412kasuya-joutou2-4.jpg

▼太い梁をキチンと下の柱にはめ込むためには、

梁を持って支える人、柱の具合を見る人、ハンマーで打ちつける人など、

6人の大工さんが関わっています。

140412kasuya-joutou2-5.jpg

▼重い大きな梁は、クレーンを使って吊り上げます。

140412kasuya-joutou2-6.jpg

▼梁・桁がつくと、金物で締めます。

140412kasuya-joutou2-7-0.jpg

▼お肌がデリケートなのでタオルで覆面状態になる、田口大工。

140412kasuya-joutou2-7.jpg

▼このポーズはお行儀が悪いのではありません。

梁をきっちりと入れ込むために、身体を使って柱を

真直ぐに正しているところです。

140412kasuya-joutou3.jpg

▼こちらでも行われていますね。

140412kasuya-joutou3-2.jpg

▼金物は電動でギュイ~ンときつく締めていきます。

140412kasuya-joutou3-3.jpg

▼1階では恒例の建て入れ直し。

屋起こしのための最新グッズを最近は使用しているため、

高田棟梁と泊親方の2人でできます。

下げ振りの水平垂直を見ながら

「右に2つ」などと指示を出す高田棟梁の声を受け、

泊親方は手にした長いバ―(屋起こしナンバーワン)を

2回動かすだけhappy02

140412kasuya-joutou3-4.jpg

▼高田棟梁の指が「2」と指示していますeye

140412kasuya-joutou-d.jpg

▼そうこうしているうちに、居室部分の梁・桁完了sign01

画像の奥はインナーガレージ部分です。

140412kasuya-joutou-c.jpg

▼2階の床張りもスピーディーに進みます。

140412kasuya-joutou4.jpg

▼床がつくと、材料を置くスペースができるため、

2階用の柱と梁が、次々とクレーンで運ばれてきます。

140412kasuya-joutou4-2.jpg

▼柱を運ぶ力持ち、石橋大工。

140412kasuya-joutou4-3.jpg

▼梁の取り付けもスイスイ。

140412kasuya-joutou4-4.jpg

▼間をつなぐ木材を差し込むと…

140412kasuya-joutou4-5.jpg

▼金物取り付けにかかります。

140412kasuya-joutou4-6.jpg

▼金物の下の部材は小屋束。

140412kasuya-joutou4-7.jpg

▼この2本が、ススム大工が最初にトントンと取り付けた小屋束。

140412kasuya-joutou4-8.jpg

▼屋根は、ほとんど勾配がありません。

140412kasuya-joutou4-9.jpg

▼ガレージ側からの全景。ガレージ側の屋根も、勾配がほとんどないそうです。

ここで昼食会の時間になりましたwink

140412kasuya-joutou-f.jpg

▼住宅コンシェルジュ・川嶋の司会で始まりました。

140412kasuya-joutou5.jpg

▼現場監督、平山設計士、そして社長がご挨拶。

140412kasuya-joutou5-2.jpg

▼「安全に気を付け、怪我のないように進行してください」と

施主から言葉をいただいた後、みんなでおいしい食事に下鼓note

140412kasuya-joutou5-3.jpg

▼キッズ特製お弁当もおいしそうだニャdelicious

140412kasuya-joutou5-4.jpg

▼施主ご夫妻のご両親方も下鼓を打つnote

140412kasuya-joutou5-5.jpg

▼食事後…。阿久津社長が2人と遊んでいる間に…

140412kasuya-joutou5-6.jpg

▼夫妻は2階に上がりました

140412kasuya-joutou5-7.jpg

▼田之上現場監督が説明を行います。

140412kasuya-joutou5-8.jpg

▼休憩後、大工さん達が仕事を再開しました。

140412kasuya-joutou6.jpg

▼まずは釘で垂木を止めますpunch

140412kasuya-joutou6-2.jpg

▼垂木の太さと長さのバランス上、どうしても

このようにたわんでしまいます。

140412kasuya-joutou6-3.jpg

▼石橋大工の左手に注目。

140412kasuya-joutou6-4.jpg

▼グッと手前に引き寄せて、釘を打つと

真直ぐになります。

140412kasuya-joutou6-5.jpg

▼こうして仮止めした垂木は、

「タルキック」というビスで固定します。

140412kasuya-joutou6-6.jpg

▼行っているのは、田口大工。

140412kasuya-joutou6-6-2.jpg

▼居室側とガレージ側の境の壁を作っている

人々に目を向けてみましょうhappy01

140412kasuya-joutou7.jpg

▼高田棟梁がプラスタ―ボードをカットします。

140412kasuya-joutou-g.jpg

▼泊好樹大工がそれを運びます。

140412kasuya-joutou-g2.jpg

▼運んだボードに泊親方が釘打ちします。

140412kasuya-joutou-g3.jpg

▼一方、垂木側は…。

屋根の断熱材・キューワンボードの設置が始まりました。

140412kasuya-joutou-h.jpg

▼検査機関の検査員も、調査にやってきましたcamera

140412kasuya-joutou-h2.jpg

▼断熱材を張り終わると、その表に胴縁を付けます。

140412kasuya-joutou-h3.jpg

▼コチラ側も、垂木にとりかかっています。

140412kasuya-joutou-i.jpg

▼家の面積が大きいため、catが現場にいられる時間は

ここでタイムアップ。

上棟おめでとうございますsign01完成まで毎週リポートしますねshine

140412kasuya-joutou-i2.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください