福岡県糟屋郡久山町01 注文住宅建築現場リポート⑦~木工事・下地作り~

こんにちは。リポート担当の有村です。6月24日(木)晴れ。本日は、上棟後どのように現場が進んでいるか見ていきたいと思います。
それでは次回のリポートをお楽しみに。

▼本日の現場です。

▼外壁部分です。すでに外断熱材キューワンボードが貼られ、気密テープで継ぎ目が留められていました。

▼室内部分です。

▼こちらはリビング部分です。屋根の形に合わせて天井が高くなっています。平屋ですが、吹き抜けのような空間ができ、非常に開放感がありますね。

▼壁の下地作りは完了し、天井の下地作りが進んでいます。この下地の上から石膏ボードが貼られていきます。

▼棟梁の野中大工です。天井の下地作りを行っていました。あらかじめ墨壺で印をつけている部分の採寸を取り、部材をカットしていきます。

▼カットした部材をガンで丁寧に固定していきます。これを繰り返していき、天井の下地が完成します。

この後、天井の下地作りが引き続き行われ、外部ではサイディング工事が始まっていきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください