福岡県春日市紅葉ヶ丘西03 注文住宅建築現場リポート⑤ ~上棟式~

おはようございます先日、8月29日(月)福岡県春日市紅葉ヶ丘西にて無事上棟式を執り行いました。途中雨が降るあいにくの天気となりましたが、大工職人たちの手によって、予定通り上棟を迎えることができました早速、その模様をリポートしたいと思います

▼午前7時30頃、上棟式には欠かせないラフタークレーン車が到着しました
20160829 (1)

▼午前7時45分頃、お施主様のご到着です全員笑顔でお迎えです
20160829 (2)

▼四方のお清めが始まりました。まずは、棟梁の泊大工がお塩を置きます
20160829 (3)

▼続いて現場監督の小屋町がお米を置きます
20160829 (4)

▼続いてご主人がお神酒をかけます
20160829 (5)

▼四方のお清めが終わると、工事の安全を祈念してお神酒で乾杯です
20160829 (6)

▼午前8時過ぎ。上棟作業がスタートしましたまずは、建物の外側の柱を立てていきます。短いほうの柱は1人で立てますが、2階まで伸びる通し柱は2人がかりで立てていきます
20160829 (7)

▼外側の柱を立て終わると、内側の柱を立てていきます
20160829 (8)

▼重くて長い梁はクレーンで吊るして運びます。このクレーンのおかげで、スピードもアップし、さらには部材を傷つけることなく正確に運べます
20160829 (9)

▼建物外側の2階床部分にあたる、「胴差し」と呼ばれる部材の上に、「羽子板ボルト」を置いていきます。このあと、数人の大工職人が一気に部材同士を固定していきます
20160829 (10)

▼上から見た写真です3点式のボルトになっていますこの時点では、仮止めの状態となっており、1階での「建て入れ直し」という作業の後、一気にボルトを締めていきます。
20160829 (11)

▼こちらは「建て入れ直し」の作業風景です。棟梁の泊大工が専用の器具を柱に巻き付けて、垂直をミリ単位でチェックしていきます。この作業は、1階と2階それぞれでおこない、十数か所でおこなします
20160829 (12)

▼建て入れ直しの作業も無事に終わり、ボルトの固定作業も終了すると、2階の床板を人海戦術で一気に敷いていきます。
20160829 (13)

▼床板を敷き終わると、小屋梁や柱が運ばれてきました
20160829 (14)

▼だんだんと家の形になってきていますよ~よ~く見ると写真奥には2階の部屋がありますが、手前は屋根になっていますこちらの住宅、一見平屋のようにも見えますが、中に入ると2階部分もある住宅なのですこれは完成が楽しみです
20160829 (15)

▼大工職人の身軽さを映したショットこうして不安定な部材の上をヒョイヒョイ行き来する姿はさすがです
20160829 (16)

▼「登り梁」の設置が始まりました。通常「梁」は、水平に設置しますが、勾配のある斜め天井には、こうして斜めに梁をかけます。勾配天井のある家ますます完成が楽しみです
20160829 (17) 20160829 (18)

▼午前11時50分頃、ついに屋根の一番高いところに設置する部材「棟木」の取り付けが始まりました。この棟木の取り付けが完了するとついに上棟を迎えます
20160829 (19)

▼無事に上棟を迎えた、昼下がり。待ちに待った昼食会のお時間がやってまいりました施主ご一家が初めての我が家に足を踏み入れます
20160829 (20)

▼住宅コンシェルジュの占部の司会で、昼食会がはじまりました。棟梁の紹介と現場監督からの挨拶をしたのち、ご主人様から家づくりに対する想いと工事の安全を祈念していただきました
20160829 (21)

▼施主の挨拶が終わると、続いて社長の阿久津の音頭で、全員で乾杯ですカンパーイ
20160829 (22)

▼昼食会が終わると、お嬢さんのあいちゃんとゆうちゃんは現場で大はしゃぎこうして家族の思い出がひとつひとつ形になっていく姿を目の当たりにして、スタッフ一同もついつい幸せな気持ちになります
20160829_3220160829_31

▼午後2時頃、楽しかった昼食会も終わり、午後の作業がスタートです。午後は、屋根の土台となる「垂木」の設置からスタートです
20160829 (23)

▼垂木が設置されると、屋根の形もだんだんと見えてきて、ますます家らしくなってきます
20160829 (24)

▼屋根の下地となる板を敷いていきます。それぞれの大工職人が手分けしておこなうことにより、あっという間に終わります
20160829 (25)

▼敷いた板をクギで止めながら、奥では外断熱材の設置が始まりました
20160829 (26)

▼午前中に雨だった現場も、午後には晴れてきてだんだんと綺麗な青空が見え始めましたちなみに運ばれてきている部材は「通気胴縁」です
20160829 (27)

▼遮熱対策が施された外断熱材「キューワンボード」を張り終わると、続いてはさきほど運んできた「通気胴縁」を設置して、専用のビスで固定していきます
20160829 (28)

▼通気胴縁の設置が完了すると、続いては「野地板」を敷いていきますこちらも見事な連係プレーであっという間に終わりましたこのあと、ルーフィング作業(防水作業)をおこない本日の上棟式は無事に終了を迎えましたこの度の上棟式、誠におめでとうございます
20160829 (29)

▼最後に屋根の断面が撮れたので、掲載させていただきます。
下から胴差→垂木→下地板→外断熱材→通気胴縁→野地板です。この野地板の上にさらにルーフィングシートと屋根材が設置されます。
福岡工務店は、ローコスト住宅と比べてけっして安くはありません。しかし、ローコスト住宅にはない、しっかりした施工をすることで家が風雨にさらされても、しっかり構造体を守ることができ、結果的には家が長持して安く済むように造られています
20160829 (30)

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください