福岡県春日市09 注文住宅建築現場リポート⑥~木工事・下地作り~

こんにちは。リポート担当の平野です。6月18日(金)雨。
本日は、壁や天井の下地作りが進んでいるのか見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼あんしん耐力面材の上に、外断熱材『キューワンボード』の取り付けが進んでいます。
キューワンボードの表面は赤外線高反射タイプのアルミ箔で覆われており、真夏の太陽から届く熱源の紫外線を反射する効果があります。

▼キューワンボードの継ぎ目部分には専用の気密テープを貼り、隙間が出来そうな部分を完全に密封します。

▼隙間ができやすいサッシの周りにも気密テープを貼ります。

▼1階部分です。

▼玄関ドア・サッシの搬入・取り付けが完了していました。

▼棟梁の高田大工です。本日は、壁部分の下地作りを行っていました。
部材を丁寧にカットし、ガンで取り付けていきます。こちらの下地の上に石膏ボードが取り付けられていきます。

▼2階部分です。

▼天井や壁部分の下地作りが進んでいます。

▼吹抜け部分です。

この後、いよいよ気密検査が行われます

それでは次回のリポートをお楽しみに

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください