福岡県春日市03 注文住宅建築現場リポート⑦

6月18日(月)曇りのち晴れ春日市と大野城市の2現場のリポートをさせていただきます今朝の近畿地方の震度6弱の地震どうか、一日も早く復興しますようにそして、続くだろうといわれている余震が大きなものとなりませんように・・先ずは、福岡県春日市の現場です

▼本日の現場です耐力面材張りが進んでいます
20180618 (1)-min

▼玄関ドアが入りました
20180618 (21)-min

▼「こんにちは~お疲れ様です」棟梁の西大工は、耐力面材→外断熱のキューワンボード張りの真っ最中ですこの耐力面材を取り付けることで、地震の揺れにも強くなり、かつ木材の収縮によって生じる、断熱材と木材の隙間を減らすことができます。耐力面材は、1枚がとても重く、加工と施工に手間がかかりますが、このひと手間をとても大切にしています地震に強い家づくりです
20180618 (2)-min

20180618 (3)-min

▼それでは、中へ入ります窓が入りましたいつもきれいな現場です
20180618 (4)-min

20180618 (5)-min

▼とても広い独立したウォークインクローゼット
20180618 (6)-min

▼洋室①②
20180618 (7)-min

▼それでは、2階へ主寝室です窓がこれから取り付けます
20180618 (12)-min

▼バルコニーの防水工事が終わっています
20180618 (8)-min

▼窓にはこの後、気密防水テープを張っていきます
20180618 (9)-min

▼バルコニーからパシャ
20180618 (11)-min

▼そして、東側屋根下です
20180618 (10)-min

▼子供部屋①②
20180618 (13)-min

▼階段周辺です
20180618 (14)-min

▼1階へ降りると、キューハウさんによる建具枠の搬入中です
20180618 (15)-min

▼建具の他に床材も搬入されていました
20180618 (16)-min

▼和室のサッシは、優しい木目調です
20180618 (17)-min

▼「筋交い」工事が進んでいます筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20180618 (18)-min

▼筋交い中央部分をパシャ大工職人技が光っています
20180618 (19)-min

▼そして、筋交いプレート地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。更に福岡工務店では、中間検査で現場監督がしっかり検査を行います。
20180618 (20)-min

▼それでは、足場を上がります
20180618 (22)-min

▼2階バルコニーの西側をパシャ
20180618 (23)-min

20180618 (24)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください