福岡県春日市01 リポート① ~地鎮祭~

さてさて、本日続いては春日市でめでたく地鎮祭を行いました

▼こちらも朝方の雨で地面がぬかるんでいたので、事前にブルーシートを敷いています
yamauchisama-20150516_01

▼おっ遠くに施主の姿を発見現場監督の田之上が迎え入れます。
yamauchisama-20150516_02

▼始まる前、まずは神主さんが丁寧に説明してくれます
yamauchisama-20150516_03

▼低頭して式が始まりました
yamauchisama-20150516_04

▼最初に神主さんの祝詞奉上です。
yamauchisama-20150516_05_01

▼全員をお祓いして頂きました。
yamauchisama-20150516_05

▼お祓いが終わると続いて「四方祓いの儀」。
この敷地の四隅をお清めする儀式です。神主さんは大幣を使ってお祓いをします。

yamauchisama-20150516_06

▼施主はお神酒で清めます。
yamauchisama-20150516_07

▼奥様とお姉ちゃんのさーちゃん、息子のひよ君は、塩で清めます。これを四隅で繰り返していきます
yamauchisama-20150516_08

▼テント内の会場に戻り、続いては「地鎮の儀」を行います。
その中のひとつ、「刈初の儀」です。これは萱を刈り取って、敷地をきれいにするという
意味を持ちます。
yamauchisama-20150516_09

▼奥様が行ったのは「鍬入れの儀」。大地を耕すことを表します。ご家族みんな笑顔でとっても楽しそうです
yamauchisama-20150516_10

▼福岡工務店が行ったのは、「杭打ちの儀」。
現場監督の田之上と小屋町が担当しました。
yamauchisama-20150516_11

▼続いては、玉串奉奠です。
yamauchisama-20150516_12

▼福岡工務店は、住宅コンシェルジュの占部が代表して祭壇内へ入ります。
yamauchisama-20150516_13

▼こうして、無事式が終了しました
yamauchisama-20150516_14

▼式が終わると全員でお神酒で乾杯です工事の安全と、家内安全を祈って、乾杯をしました。
yamauchisama-20150516_15

▼神官さんから上棟札をいただきました。
建て主の氏名と施工会社名を記入し、上棟の時に、大工の棟梁が棟木に取り付けるものです。
yamauchisama-20150516_16

▼本日の地鎮祭、誠におめでとうございます
yamauchisama-20150516_17

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください