福岡県春日市星見ヶ丘01 注文住宅建築現場リポート④

6月8日(木)晴れ梅雨入り宣言が出ましたが、五月晴れ午前中は、青空と爽やかな風が心地よく絶好のリポート日和となりました本日は新しく入社した設計士朴 志泳の現場リポート研修も並行しています福岡県春日市星見ヶ丘の現場です

▼本日の現場です6月10日(土)の上棟式に向けて土台敷き工事の真っ最中です
20170608 (11)

▼休憩の時間と重なり、大工仲間の田口大工の姿も見えています休憩時間を利用して現場の打ち合わせ中ですなんと田口大工より飲み物の差し入れを頂きました田口大工のお心遣いに感謝です「ありがとうございます」それでは、リポートに入ります合板張りが、半分進んでいます
20170608 (6)

▼休憩が終わり、棟梁の泊 好樹大工と現場監督の小屋町の2人で作業
20170608 (12)

▼合板張り前に給排水管の様子をパシャ基礎と給排水管の隙間には、黄色いモコモコが施されています防蟻ウレタンフォームです排水管は洗面脱衣室へ長く伸びているのが分かります
20170608 (1)

▼床束です金属製のため、白蟻による浸食の心配がありません基礎と床束には、ウレタンボンドを施しています
20170608 (2)

▼南西側よりパシャ右側では朴が説明を受けています
20170608 (3)

▼たくさんの給排水管をパシャこちらは、洗面室です
20170608 (4)

▼洗面室・脱衣室辺りです
20170608 (5)

▼キッチンの辺りです
20170608 (9)

▼浴室当たりの外の様子です外の給排水工事の様子です
20170608 (7)

▼外に出ている排水管をアップ防蟻発砲ウレタンを充填しています
20170608 (18)

▼給排水工事のリポートの次は、基礎と土台の間に黒く見えるのは基礎パッキンです基礎パッキンは、床下の換気をよくすると共に、基礎と土台の縁を切り、コンクリートが吸った湿気を土台に上げない役目があります
20170608 (8)

▼前回リポートでは、型枠があった玄関です
20170608 (10)

▼お待たせいたしました合板張りがスタートしました大引の上を合板抱えてすんなり歩いて敷き詰めていきます
20170608 (13)

20170608 (14)

▼外断熱住宅ですので、基礎の外側にパフォームガード(白い部分)が施されています。このパフォームガードは、防蟻性能は半永久的、人体や環境にも優しいというすぐれものです
20170608 (15)

▼玄関と浴室以外に合板を張りました
20170608 (16)

▼続いてビス止めをしていきます
20170608 (17)

20170608 (19)

▼ビス止めしている間に、現場監督の小屋町は合板の養生シートを用意中央に見える大きな透明のラップのようなシートです
20170608 (20)

それでは、次回のリポートは上棟式のリポートになりますをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください