福岡県春日市07 注文住宅現場リポート④

こんにちは。リポート担当の有村です。6月25日(木)雨。本日は、上棟後にどのように現場が進んでいるか見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。雨が中に入らないようにブルーシートで隙間なく養生されています。

▼1階部分です。

▼この斜めに取り付けられているのは筋交いと言います。
筋交いは家の柱が横方向に傾くのを防ぐ、重要な柱となっています。

▼柱を見ていくと様々な種類の金物が留められています。
既定の場所に決められた種類の留め金を付けていく必要があり、社内検査を行い入念にチェックしていきます。

▼2階部分です。1階同様に、筋交いや金物の取り付けが完了しています。

▼棟梁の高田大工です。軒部分の間柱を取り付けていました。
取り付け部分を丁寧に削り、間柱をビスで留めていきます。見入っているとあっという間に1連の流れが終わっており、職人技のすごさを改めて感じました。

この後、中間検査に向け、家の周りに耐力面材を貼っていきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください