福岡県糸島市02 注文住宅建築現場リポート⑥

1月5日(金)雨ち曇り 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします2018年の現場リポートのスタートは、西区2現場・糸島市1現場の3現場をリポートさせて頂きますそして、本日は小寒(しょうかん)「寒の入り」とも呼ばれ、寒さが一層厳しくなっていく事だそうですそんなことを考えながら事務所へ帰ると上司より「来週半ばにグッと寒くなるみたいですよ」と…小寒を実感しました福岡市西区より糸島市へ都市高速を使うのですが、いつも糸島に入ると色々な鳥(鷹や鳶など)が天高く飛んでいます12月16日の上棟式、誠におめでとうございます福岡県糸島市の現場です

▼本日の現場です上棟式より3週間です耐力面材張りが進み、窓が入っています足場の養生ネットは、風対策が取られています雨で滑りやすいので、残念ですが屋根などのリポートは次回することにします
20180105 (1)-min

20180105 (5)-min

▼基礎のパフォームガードと耐力面材張りの様子ですこの後、外断熱のキューワンボードを張っていきます
20180105 (3)-min

▼窓枠下地と窓をパシャ
20180105 (4)-min

▼それでは、中に入ります
20180105 (2)-min

▼上から音がしていますので、棟梁の松浦大工は2階です両側には、外断熱のキューワンボードが搬入されています
20180105 (6)-min

20180105 (8)-min

20180105 (7)-min

▼浴室です
20180105 (9)-min

▼斜めの木が「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20180105 (10)-min

▼筋交い中央部分をアップ大工職人技が光っています
20180105 (11)-min

▼筋交いプレートです地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。福岡工務店では、金物検査で現場監督がしっかり検査を行います。
20180105 (12)-min

▼それでは、2階へバルコニー側の窓は入っていませんが、入っています20180105 (14)-min

▼「おっ」斜めの金物は、「鋼製火打梁」「火打梁」は、小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目があります
20180105 (20)-min

20180105 (13)-min

▼松浦大工です「明けましておめでとうございます。どうぞ、今年もよろしくお願いいたします」本日は、バルコニーの下地づくり中です
20180105 (16)-min

20180105 (17)-min

▼バルコニーの壁をアップまだ途中ですが、何層にもなっています
20180105 (18)-min

▼バルコニー内側の様子です下地工事が終わると、防水工事が入ります
20180105 (19)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください