福岡県福津市東福間01 注文住宅建築現場リポート④

こんにちは。リポート担当の平野です。3月16日(火)雨。本日は、上棟後どのように現場が進んでいるか見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。
▼本日の現場です。

▼外側には耐力面材あんしんの施工が進んでいました。耐力面材を固定する釘のピッチ(距離)にも厳しい規定があり、社内検査と第三者機関による検査が行われます。

▼1階部分です。

▼本日は、土﨑大工親子が金物を留める作業を行っていました

▼様々な種類の金物を定められた箇所に留めていきます。社内検査や外部機関による検査で入念にチェックされていきます。

▼こちらの斜めに取り付けられている部材は筋交いといいます。建物が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱となっています。

▼2階部分です。

▼バルコニー部分です。ビニールシートで養生され、これから防水加工が行われます。

▼2階部分の撮影をしていた頃、サッシの搬入が始まりました。取り付ける場所ごとにサッシを搬入していきます。

▼2階に取り付けるサッシは2階へ・・・非常に重量がありますが、慎重に搬入していきます。

▼搬入完了後、リビング部分のサッシの取り付けが始まりました。

▼まずは、枠を取り付けます。

▼続いて、サッシまわりにも気密テープを貼ります。


▼枠の取り付け完了後、サッシを取り付けます。

▼サッシの取り付け完了です。私は、リポートで初めてサッシの取り付け場面に立ち会うことが出来ました
このように取り付けられているんですね

▼玄関部分です。本日は午後から玄関ドアの搬入・設置も行われる予定です

次回のリポートもお楽しみに

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください