福岡県福津市04 注文住宅建築現場リポート⑦

2月7日(木)曇り時々雨今日は寒さが少し和らいでいた気がします雨が降ったり止んだりでしたが、寒くなく過ごしやすかったですしかし今週末はすごく寒くなるようですね皆さま体調にはお気をつけてお過ごしくださいね本日は福津市Dの現場からリポートをお伝えいたします

▼本日の現場です
DSC_0325-min

▼それでは早速玄関より中に入ります
DSC_0327-min

▼中に入ると目に飛び込んできたのが、棟梁の土崎大工の人柄が垣間見える工具達綺麗に整理整頓されていますオブジェかと思うくらい芸術的です
DSC_0329-min

▼そんな棟梁の土崎大工は資材をカット中でしたこんにちは~お疲れ様です「工具ビックリしました」と伝えると少し照れながら「散らかってると落ち付かないんですよ」とサラリと素敵な事を仰っていました
DSC_0337-min

▼浴室上部には24時間換気システム本体がありますここからそれぞれのお部屋にダクトが伸びて換気していきますこちらから」24時間換気システムについて詳しくご覧いただけます
DSC_0330-min

▼浴室ドアも入りました
DSC_0331-min

▼一階リビングは広々とした空間です
DSC_0335-min

▼今回はスキップフロアをリビング側からパシャリ
DSC_0336-min

▼二階に梯子で上がってきました左手は吹き抜け部分。右手は子供部屋です
DSC_0338-min

▼とても広い子供部屋綺麗に並んでいるのは大工さんが作業する台の下地ですこの上に板を置いて作業台にしますあまりに綺麗に整列しているので思わずパシャリ
DSC_0340-min

▼「筋交い」が進んでいます筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
DSC_0344-min

▼土崎大工にお礼を告げ、外に回ってきました縦の木材は通気胴縁です通気胴縁とは、壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるために施工します。外壁では只今工事真っ最中外壁サイディングは、このように通気胴縁に金具で内側から固定するので、釘が貫通することなく美しい仕上がりになります
DSC_0346-min DSC_0347-min

▼キッチンの換気用ダクトです次回のリポートではもう見れなくなる貴重な部分です福岡工務店では、通気層では気密防水テープでしっかり止水対策を施しています外部からの入水を防ぐという意味とは別に、高い気密性能をも実現させています。福岡工務店では、現場監督が特にシビアにチェックしていきますちょうど外壁工事担当の方が作業中でしたのでお願いしてお写真をパシャリ
DSC_0348-min

それでは次回のリポートもお楽しみに(^^♪