福岡県福津市02 注文住宅建築現場リポート① ~地鎮祭~

6月11日(土)晴れ本日、福岡県福津市にて地鎮祭を執り行いましたので、その模様をリポートいたします

今日は、雨の予報もあったのですが、梅雨の晴れ間が広がり、初夏を思わせる暑い日となりました

▼午前11時10分ごろ施主ご一家が到着です。早速、神主さんから地鎮祭の進行について説明を受けます
20160611 (1)

▼「修跋(しゅばつ)」という声が響き渡り、地鎮祭行事が始まりました祭壇に向かって、深々と頭を下げます。
20160611 (2)

▼神様をお迎えする前に「大幣(おおぬさ)」を使って、全員をお祓いです大幣が勢いよく振られます
20160611 (3)

▼敷地の隅から会場をパシャリここで今から理想の家づくりがスタートです
20160611 (4)

▼「降神の儀」で神様をお迎えした後は、四方祓いをします。神主さんを先頭にテントから施主ご一家が出てきました
20160611 (5)

▼大幣で土地の隅をお祓いします
20160611 (6)

▼続いて、ご主人がお神酒で清めます
20160611 (7)

▼続いて奥様がお塩をまきます。
20160611 (8)

▼四方祓いが終わると、残ったお塩を敷地にまいていきます初めての体験で、思わず笑顔がこぼれます
20160611 (9)

▼テントに戻ってきました。続いては「苅初の儀」です。苅初の儀はご主人が担当しました
20160611 (10)

▼そして、奥様は「鍬入れの儀」を担当しました
20160611 (11)

▼福岡工務店は、現場監督の田之上と住宅コンシェルジュの樋渡が「杭打ちの儀」を担当しました
20160611 (12)

▼次は、祭壇に向かって「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」です。工事の安全と家内安全を祈って、神様に捧げます
20160611 (13)

▼お子様も興味津々です
20160611 (14)

▼福岡工務店からは、右から現場監督の田之上、設計士の平山、住宅コンシェルジュの樋渡が玉串を奉奠しました
20160611 (15)

▼最後は、昇神の儀(しょうしんのぎ)です。神様にお帰りいただきます。全員で一礼してお見送りします
20160611 (16)

▼地鎮行事が終わると、これからの工事の安全を祈って全員でお神酒で乾杯しました
20160611 (17)

▼お神酒で乾杯した後、神主さんから施主へ「上棟札」の授与があります。この上棟札は、建物が完成すると屋根の中に隠れて見えなくなってしまいますが、家をしっかりと守ってくれる心強いお札です
20160611 (19)

▼地鎮祭が一通り終了すると、住宅コンシェルジュの樋渡を先頭に、ご近所に挨拶回りにいきます。なかなか施主だけで挨拶周りに行くのは、心細いと思いますが、福岡工務店では、しっかりとサポートさせていただきますので、安心してご相談ください
20160611 (20)

▼ご近所さんへの挨拶が終わって敷地に戻ってきました。お次は、建物を建てる位置の最終確認をします。田之上現場監督がスケール(巻尺)を使い、図面と照らし合わせ名がら、施主に念入りに確認をとっていきます
20160611 (21)

本日の地鎮祭誠におめでとうございますこれから引き続き現場リポートをしていきますので、どうぞお楽しみに

20160611 (18)

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください