西区A 一覧

福岡市西区 現場リポート⑮

まだお届けできていなかった福岡市西区の現場完成の様子をお届けいたします。

▽まずは玄関からご紹介。
IMG_1428
△無垢の風合いがただよう玄関ドア。外壁やタイルの色が白ということも相まって玄関ドアの存在感がしっかりしていながらも、ナチュラルな雰囲気を感じませんか?

▽続いてリビングの吹き抜け部分です。
IMG_1432
△こちらの家の大きな特徴と言えるのが、こちらの吹き抜け部分。家を真上から見たときの平面面積に占める吹き抜けの面積がとても大きいんです。さらに、梁や母屋が見える仕様となっています。この仕様に憧れる方も多い仕様です。福岡工務店の高断熱住宅は、吹き抜けのある家づくりにはとても適しています。

▽ちょうどお客様がいらっしゃっていたので撮影させていただきました。
この家でご家族みなさんと仲良く楽しく暮らしていただければ社員一同幸いです。
IMG_1435

▽キッチンです。壁際のカップボードはお客様自身で購入されちょうどこの日届いたものです。
IMG_1444

▽トイレのご紹介です。トイレは階段下のスペースを有効に活用しています。
IMG_1446
△ペーパーホルダーはお客様が直接購入されたものが取り付けられています。

▽二階のホールには書斎コーナーがあります。板が張ってある壁は本棚の背板兼用となっています。
IMG_1449

▽書斎コーナー。本棚と連結したカウンターデスクは大工さんが造作しています。外には緑の景観が広がり、読書に集中するには最高な空間です。
IMG_1450

▽書斎コーナーを振り返ると吹き抜け部分が広がっています。
IMG_1456

▽娘さんの部屋を紹介。クローゼット内部はアクセントクロスとなっています。濃い目のピンクですが、荷物が入るときっと可愛い女の子の部屋にマッチする色だと思います。
IMG_1454

室内は以上です。最後に一番特徴的な外観をご覧いただいて、西区現場のレポートを終わります。ありがとうございました。

IMG_1426

福岡市西区 現場リポート⑭

西区の現場レポートです。今日は室内からレポートスタートです!

▼室内に大きな変化が。石膏ボードの繋ぎ目に何やら塗られているのが分かりますね。これは何でしょうか?
IMGP6928

▼実はクロス内装工事が始まっていました。職人さんが手にもっているのはパテという、クロスを貼る前に壁下地を整える材料です。
IMGP6927

▼大工さんの作業が完了した時点では、壁には石膏ボードの継手部分やビス頭などの凹みがあります。パテをその凹んだ部分に埋め込んで壁の面をならします。下の写真で上下に渡るラインと、その中心あたりに丸いポッチが2つあるのが見えますか?これがパテを埋めた部分です。
IMGP6930_2

この下地づくりが数日かかります。クロスの綺麗な仕上がりには、職人さんのこうした目には見えない部分での丁寧な作業が求められます。
パテを塗って、削って、壁を均してから、クロス張りが始まるというわけですね。
来週はクロスが張ってある姿をお披露目しますので、どうぞお楽しみに。

▼さて、外回りのことも少しご報告を。玄関ポーチにタイルが張られました。玄関先回りの外観にとてもマッチしたホワイトです。これで外回りは概ね完成となりました。
IMGP6925

今回のレポートは以上です。完成まで間もなくです。

福岡市西区 現場リポート⑬

西区の現場レポートです。今日は正午前から陽が差してきました。春の訪れを感じるとても心地よい天気です。

▼ジャジャーン! 足場がようやく外れました。好天の空の下、春の到来をきっと家も心待ちにしていたに違いありません。(物が雑然と置かれていますが、どうぞご容赦ください。)
IMGP6919

▼つづいて別アングルからの外観をご覧いただきましょう。
玄関側の前面を除いた三面は、横木目のサイディング仕上げ。木目柄が周辺環境と同調しています。そしてカラー選びも重要なポイント。写真ではわかりづらいと思いますが、この木目サイディングは少し緑味を帯びていて、背景の木々の緑に見事に調和しています。緑の中に溶け込んだこちらのたたずまいを、ぜひみなさんにも見ていただきたいところです。
IMGP6922

▼前回からの変わったところをご紹介。外回りは左官工事が始まっています。写真は勝手口の階段仕上げを行っているベテラン職人の江藤さんです。
IMG_1293

▼室内はCFシートの床張りも進んでいます。入隅と出隅が入り組んだ部屋であっても、綺麗に仕上げるその職人技に思わず見入ってしまいます。
IMGP6915

▼キッチンの取り付けも行っています。お施主さんのご要望で、水栓器具など標準仕様からいろいろと変更されたシステム構成となっています。
IMGP6917

▼階段部分の手摺も取り付けられています。手摺が取り付けられた左側の壁一面が石こうボードではなく木仕上げになっているのがわかりますか?この仕上げの理由を下で紹介。
IMGP6912

▼先ほどの壁、実は本棚の背板に当たる部分になっています。本棚のスペース奥行をとるため、さらに手摺の下地兼用で採用した仕上げとなっています。本格的な書斎コーナースペースが二階ホールの一角に誕生しました。
IMGP6905

木工事は既に完了。現場からのレポートも残りわずかとなってきました。

次回レポートをお楽しみに。

1 2 3 4 5