05福岡市西区 一覧

福岡市西区千里 注文住宅建築現場リポート③

11月16日(金)晴れ時々雨本日は西区千里からリポートをお伝えいたします今日は雨がパラつき、肌寒く感じる一日ですね朝は手袋がいるくらい手がかじかみましたまた今週末の雨が終わると更に冷え込んでいくのでしょうね皆様はいつの季節がお好きですか?私は断然秋ですなので今年の様に秋らしい陽気があまりなく汗ばむくらいの陽気だったのが一気に冷え込んでくると辛いですね

▼西区千里の現場です今日は午前中に伺ったので、こないだのような影も映らず綺麗に撮影してこれました到着した時には、パラっと小雨が降っていたので、少しうす暗い感じではありますがこの間のレポートより基礎工事が随分進んでいます土工事(根切り・砕石・転圧・捨コンクリート打設)→配筋工事→型枠取り付け→コンクリート打設と進んでいます
DSC_0009-min DSC_0010-min

▼コンクリートに打ち込まれているのはアンカーボルトです
DSC_0011-min

▼やり方には、▲GL+550の印が記入されています基礎工事には欠かせない、高さ基準の指示になる大事な印です
DSC_0012-min

▼外断熱住宅ですので、基礎の外側にはパフォームガード(白い部分)が施されています。このパフォームガードは、防蟻性能は半永久的で、人体や環境にも優しいというすぐれものです
DSC_0013-min DSC_0014-min

▼給排水管工事も進んでいます生コンクリートが入らないようにガムテープでしっかり養生しています
DSC_0017-min

それでは次回のリポートもお楽しみに(^^♪

福岡市西区千里 注文住宅建築現場リポート②

11月5日(月)晴れ本日は福岡市西区千里から現場リポートをお伝えいたします今日は日中はすごく汗ばむくらい暑かったですね週末くらいから天気が崩れる様な感じでしたので貴重な晴れ間でしたね

▼西区千里の現場です今日はお昼過ぎから現場に向かったので日当たりの関係で少し見にくい角度もありますご了承くださいませ
DSC_0003-min[1]

▼今日はいよいよ着工しますので、田中土木さんが機械の搬入に来ていました
DSC_0005-min[1]

▼ちょうど写真を撮っていると田中土木さんが来られましたこれから持ってきたショベルカーを降ろします
DSC_0006-min[1]

▼あっという間にショベルカーが手際よく降ろされました
DSC_0015-min[1]

▼いよいよ着工しますこれからのリポートもどうぞお楽しみにされてください
DSC_0008-min[1]

▼帰り道には全体像は撮れないのですが、とても見事なコスモス畑がほんの一部ですが、辺り一面見渡す限りコスモス秋の楽しみになりますね
DSC_0019-min[1]

 

それでは次回のリポートもお楽しみに(^^♪

福岡市西区千里 注文住宅建築現場リポート① ~祝・地鎮祭~

こんにちは

昨日9月23日(日)、福岡市西区千里にて地鎮祭を執り行いました
涼しい秋風が吹く、心地よいの地鎮祭日和となりました

それでは、早速、地鎮祭の様子をリポートしたいと思います

▼午前11時10分ごろ、テントの準備が進み、あとは祭壇ができるのを待つのみです
180923 (1)

▼午前11時10分ごろ、地鎮祭を始める前に、設計の朴を中心に図面と実際の地縄を見ながらの家が建つ位置を確認しました
180923 (2)

▼そしてテントに入る前に、施主ご一家とスタッフ全員は手を清めます
180923 (3)

▼地鎮祭を執り行う前に、神主さんより作法の説明があります。初めてという方でもどうぞご安心ください
180923 (4)

▼午前11時30分、地鎮祭スタートです。まずはご神前に向かっておおきく一礼です
180923 (5)

▼神主さんが「大幣(おおぬさ)」を大きく振り、祭壇や参列者全員をお祓いをしたあとは、「降神の儀」にて神様をこの地にお招きします
180923 (6)

▼続いては「祝詞奏上(のりとそうじょう)」です。神主さんが大きな声で祝詞を読み上げます
180923 (7)

▼祝詞奏上には神様に祭祀(さいし)の意義や目的を申し上げる儀式であり、この間の施主ご一家とスタッフは静かにご低頭をします
180923 (8)

▼一旦、テントの外に出ました。今回は敷地に井戸がありましたので、井戸のお払いも一緒におこないました
180923 (9)

▼地鎮祭行事の中で土地の四方をお清めする「四方祓いの儀」です。敷地全体にお塩とお神酒を撒きます
180923 (12)

▼テントに戻ると、「地鎮の儀(じちんのぎ)」です。まずは「刈初の儀(かりそめのぎ)」が行われますご主人と一緒にいおりくんもチャレンジしてくれました
180923 (13)

▼続いて「鍬入れの儀(くわいれのぎ)」が行われました。「エイ!エイ!エーイ!」と元気な声が響き渡ります
180923 (14)

▼最後の「杭打ちの儀」は福岡工務店より、担当コンシェルジュの北嶋と経営管理部の瓜生が担当させていただきました
180923 (15)

▼地鎮祭もいよいよ大詰め。続いては、これからの工事の安全、そしてご家族の繁栄を願う「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」。いおりくんも真剣に玉串に願いを込めます
180923 (16)
180923 (17)

▼福岡工務店からは代表して設計を担当した朴が「無事にお家が完成しますように」と玉串に願いを込めて行わせていただきました
180923 (18)

▼最後は「昇神の儀(しょうしんのぎ)」にて、お呼びした神様にお帰り頂きますご神前に一礼をし、これで地鎮行事は終了となります
180923 (19)

▼これにて、地鎮祭の神事がすべて終了いたしました式が無事に終了したことと、そして工事安全&家内安全を祈って、乾杯です
180923 (20)

▼神主さんから「上棟札(じょうとうふだ)」が手渡されましたこれから建てる家の梁に取り付けるお札で、完成すると見えなくなってしまいますが、陰ながら家族を守ってくれる心強い守り神様です
180923 (21)

▼これからお世話になるご近所の方々にあいさつ回りへ向かいますその間、まだ小さい次男のいつきくんはお父様と一緒にブランコに乗って待機していました
180923 (22)
180923 (23)

▼本日の地鎮祭、誠におめでとうございますこれから始まる念願の家づくり、ぜひお楽しみください
s-DSC_0536

1 2 3 4 17