福岡県太宰府市大佐野 注文住宅建築現場リポート⑦

こんにちは。1月10日(金)晴れ。本日は天気が良く、日差しの暖かい1日となりました。
それでは早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。

▼外断熱材キューワンボードが全面に貼られていました。
福岡工務店の特徴、高気密・高断熱を実現するための重要な部分となります。

▼専用の気密テープでキューワンボードの継ぎ目を埋めていきます。
サッシ部分には全体を覆うように貼り付け、少しの隙間も出来ないように施工していきます。

▼1階部分です。サッシの取り付けが完了しています。

▼大きな出窓部分です。こんなに大きな出窓はなかなか見ないので完成が楽しみです。

▼2階部分です。

▼棟梁の泊大工がバルコニーの下地を作っていました。さすがの手際の良さです。

▼バルコニー部分です。断熱材の貼り付けも完了しています。

▼先ほどカットしていた部材を側面に取り付けていきます。
この下地の上からFRP防水加工が施されます。

▼通気サッシの受け材を取り付け、サッシの取り付け準備を行います。

この後、バルコニーの下地作り、防水加工と気密検査に向けて作業が進んでいきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください