福岡県太宰府市大佐野 注文住宅建築現場リポート① ~祝・地鎮祭~

こんにちは。昨日11月10日(日)、福岡県太宰府市にて地鎮祭を執り行いました。綺麗な秋晴れが広がり、まさに地鎮祭日和。とても素晴らしい一日となりました。

ご家族の笑顔が溢れた地鎮祭。早速リポートしていきたいと思います♪

午前9時30分ごろ、テントの中では準備が整いました。あとは施主のご到着を待つばかりです!

▼午前9時ごろ、施主ご一家がご到着。早速、福岡工務店のロゴが入ったテントの中にお入りいただきます。

▼神主さんが「修祓(しゅばつ)」と言い、地鎮祭がスタートしました。まずは大幣でお祓いを受け、降神の儀にて神様をこの地にお呼びします。

▼四方祓いの儀では、神主さんを先頭に建物が建つ場所の四隅をお祓い、お清めしていきます。まずは、神主さんが大幣を大きく左右に振ってお祓いです。

▼続いて、ご主人にはお塩を左右と真ん中の3か所に置いていただき、お父様にはお神酒をかけてお清めしていただきました。

▼テントに戻ってくると、続いては「刈初の儀」「鍬入れの儀」「杭打ちの儀」です。皆の注目が集まる中、ご主人に鍬入れの儀をしていただきました♪

▼福岡工務店のスタッフの見せ場である「杭打ちの儀」です。現場監督の小屋町とコンシェルジュの池田が担当です。「エイ!エイ!エーイ!」とナイスなコンビネーションでした!

▼続いては、榊の葉に想いを込めて、ご神前にお供えします。初めての経験で、お子様二人は興味津々の様子。心に残る良い想い出になったかな(^^)

▼福岡工務店からは、代表してコンシェルジュの池田が担当。全員で二礼二拍手一礼をさせていただきました。

▼この日の地鎮祭も滞りなく無事に終了。最後にご神前に向かって全員で深々と一礼します。

▼地鎮祭が終わったら、全員でお神酒で乾杯です。お子様二人には形だけですが、お神酒が注がれます。

▼施主ご一家の益々のご繁栄と工事の安全と祈念して乾杯です!

▼神主さんから手渡されたのは上棟札です。この上棟札は、家が上棟した後、棟梁の手によって棟柱に取りつけられます。家が完成すると見えなくなるお札ですが、見えないところで家をしっかりと守ってくれます。

▼地鎮行事が全て終わると、近隣へご挨拶です。コンシェルジュの池田が、施主ご一家をエスコートしながら、周辺にお住いの方々へ一軒一軒ご挨拶をしてまいります。

▼挨拶が終わると、ご主人はすぐ太陽光の業者と現場で打ち合わせ。その間、スタッフは奥さまを囲んで楽しそうに談笑していました(^^)

▼そしてお子様二人は、その辺に落ちている棒を拾ってきて、山崩しの真っ最中。ほんとうに仲の良い兄妹で、見ているスタッフ全員、微笑ましい気持ちになりました♪

この度の地鎮祭、誠におめでとうございます!これから始まる家づくり、ぜひ楽しまれてください!

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください