太宰府市D 一覧

福岡県太宰府市D 注文住宅建築現場リポート②

5月13日(月)晴れ今日は昨日に引き続き真夏日になるということで、今日も暑かったですね本日の最高気温、予報では28度超えでした外で作業される大工さん、職人さん方、どうぞ水分補給しっかりしてお仕事に臨まれてくださいね本日は太宰府市Dの現場からリポートをお伝えいたします

▼本日の現場です基礎工事が着工しています
DSC_1531

▼周りの木は「やり方」です。「やり方」は、工事を着手する前に、建物の正確な位置・寸法・直角・地盤の水平を出すなど、建築では基礎工事完了までの重要なもの。福岡工務店では、他社にはない現場監督によるやり方施工にこだわっています
手前に見えている黄色の可愛い機械は、ローテーティングレーザーです!基準位置を矢印とブザーで知らせます基礎工事には欠かせない道具です
DSC_1532

▼基礎工事担当の田中土木さんですこんにちは~お疲れ様ですお仕事中はこの様に真剣な眼差しですが、挨拶をするといつもニッコリしてくださいます
DSC_1534

▼根切り工事が進んでいます
DSC_1537

▼よく見るとやり方には▲GL̟̟+550の文字が基礎工事には欠かせない、高さ基準の指示になる大事な印です
DSC_1535

▼この後、砕石・転圧工事へと進んでいきます
DSC_1539

それでは次回のリポートもお楽しみに(^^♪

福岡県太宰府市D 注文住宅建築現場リポート① ~祝・地鎮祭~

こんにちは

本日3月9日(土)、福岡県太宰府市にて地鎮祭を執り行いました

本日は、ポカポカと心地いい気温とお日様を感じるとてもいいお天気
ご家族には、四方祓いの儀や地鎮の儀などの地鎮祭行事に積極的に参加していただき、たくさんの笑い声に包まれた地鎮祭となりました

それでは、早速、地鎮祭の様子をリポートしたいと思います

▼午前9時5分、テントの準備が整いましたあとは施主ご一家を待つのみです
190309 (1)

▼施主ご一家が到着しました。まずは手水桶によって手のお清めをしていただきます
190309 (2)
190309 (3)

▼地鎮祭がスタートしましたご神前に向かって深く一礼をします
190309 (5)

▼神主さんが「大幣(おおぬさ)」を左右に振るい、参列者のお清めをします。
190309 (6)

▼神主さんが神様をこの地にお招きするための「降神の儀(こうしんのぎ)」、お招きした神様へ祝詞を捧げる「祝詞奏上(のりとそうじょう)」と続きます
190309 (7)

▼「祝詞奏上(のりとそうじょう)」の後は、土地の四方をお清めする「四方祓いの儀」をおこないます
190309 (8)

▼お施主様にはお神酒、ご家族にはお塩を敷地内の家が建つ場所に撒いていただきます
190309 (9)
190309 (10)

▼テントの中へ戻り、「地鎮の儀」を行います最初は「刈初の儀(かりそめのぎ)」です。
190309 (11)

▼「鍬入れの儀(くわいれのぎ)」は、甥の飛翔くんに「えい、えい、えーい!」と大きな声でおこなっていただきました
190309 (12)

▼地鎮の儀の最後は、コンシェルジュの池田と設計士の石田による「杭打ちの儀(くいうちのぎ)」です
190309 (13)

▼続いて「玉串奉奠」です。「無事に家が完成しますように。」と玉串に願いを込めて、祭壇に捧げます
190309 (14)

▼お施主様に続き、ご家族の皆様もご一緒に玉串に願いを込めました
190309 (15)
190309 (16)

▼最後は「昇神の儀(しょうしんのぎ)」を行い、約30分ほどで地鎮祭行事は無事終了です
190309 (17)

▼これからの工事の安全と、家内安全を願って祭壇のお神酒で乾杯です。お酒ですので、飲むマネだけでも大丈夫です
190309 (18)

▼神主さんより、上棟札のお渡しです。上棟札の裏には日付とお名前を書いていただくスペースがあり、書き方を神主さんよりレクチャーしてもらいます
190309 (19)

▼地鎮祭が終わると、近隣の方へご挨拶に向かいます。福岡工務店では、施主とご一緒にご近所へのご挨拶に回らせていただいております
190309 (20)

▼この度は地鎮祭、誠におめでとうございますこれから本格的に始まる家づくり、ぜひとも楽しまれてください
190309 (21)