福岡県太宰府市08 注文住宅建築現場リポート④~木工事・外断熱材~

こんにちは。リポート担当の有村です。10月21日(木)曇り。本日は、上棟後どのように現場が進んでいるか見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう!

▼本日の現場です。

▼耐力面材あんしんが前面に貼られ終え、サッシの取り付けまで完了していました。

▼1階部分です。外断熱材キューワンボードの搬入が完了していました。

▼見渡すと金物が様々なところに取り付けられています。確認が完了したところにマスキングテープで印がつけられています。

▼こちらの斜めに取り付けられている部材は筋交いといいます。筋交いとは柱と柱の間に斜めに施工するもので、家の耐震性や耐風性を強める効果があります。建物が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱となっています。

▼吹き抜け部分には、足場が敷かれ作業がしやすいようになっています。足場が外れるのが楽しみですね!

▼棟梁の永留大工です。奥様がお手伝いにきて、キューワンボードを2階に上げていました!夫婦での共同作業、素敵です!

この後、壁や天井部分の下地作りが行われ、外側では外断熱材の施工が始まります。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください