福岡県太宰府市06 注文住宅現場リポート⑥

こんにちは。リポート担当の有村です。3月24日(火)晴れ。最近はコートも必要がないくらい暖かくなってきましたね。桜もチラホラ咲き始めてきて春らしさが見えてきました。
それでは早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。

▼外断熱材キューワンボードの取り付けが完了していました。福岡工務店のこだわり、高気密・高断熱に欠かせない工程となります。

▼サッシ部分など隙間ができやすい部分にはより厳重に気密処理を行っていきます。

▼1階部分です。

▼壁や天井の下地作りが進められていました。この下地の上から石膏ボードを貼り壁や天井となります。

▼2階部分です。こちらは壁や天井の下地作りが完了していました。

▼バルコニー部分です。バルコニーの防水加工が完了しています。

▼棟梁の泊大工が、1階部分の下地作りを行っていました。
資材をカットし、取り付け、ガンで固定していく。1連の動作に無駄がなく、あっという間に下地を取り付けていきます。職人技ですね。

▼作業がひと段落すると、掃除を始めました。いつも綺麗な現場で気持ち良く作業をされています。

この後、引き続き1階の下地作りが行われ気密検査に向け処理が行われます。外部ではサイディング貼りが始まっていきます。
それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください