福岡県太宰府市05 注文住宅現場リポート⑨

こんにちは7月22日(月)曇り。福岡県太宰府市Dの現場です梅雨明けまで、あともう少しでしょうか。工事は着々と進んでいます

▼本日の現場ですネットで見えにくいですが、外壁通気胴縁の工事が進み、サイディング工事も始まっていました。

▼外壁通気胴縁は、サイディングなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるため施工されます。外周が、外壁通気胴縁で打たれました

▼外壁サイディングは、このように通気胴縁に金具で内側から固定するので、釘が貫通することなく美しい仕上がりになります

▼換気用ダクトも気密防水テープでしっかり止水対策を施していきます外部からの入水を防ぎ、高い気密性能をも実現させています。テープの張り方も下⇒両横⇒上の順番にすることで、通気層に水が入ってきても下に流れるようになっています。

▼中へ入ってみます。「こんにちは~お疲れ様です」床も養生がしてあり、1階のフローリング敷きが終わっています。

▼24時間換気システム、浴室も取り付けられました。電気配線工事も終わっています。

▼2階へ行ってみます。「お疲れ様です~」棟梁泊大工はロフトの石膏ボード張りの作業中でした

▼現場監督の小屋町と打合せをしつつ、石膏ボード張りが進んでいきます

▼バルコニーへ出てみましょう。軒天が張られました。また柱や笠木の部分に木材が張られ、内側にも通気胴縁が施工されました。

▼ちょうど10時の休憩時間になりました。職人さんは一休みです。蒸し暑いので水分とりつつ、この後の作業も引き続きどうぞ宜しくお願いします。

それでは、次回リポートをお楽しみに

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください