福岡県太宰府市04 注文住宅建築現場リポート⑥

こんにちは6月20日(木)晴れ。福岡県太宰府市Cの現場です。前回の上棟から8日。工事は着々と進んでいます。早速リポートしたいと思います

▼本日の現場ですブルーシートで養生中で屋根が施工されています
190620太宰府市C_0001-min

▼1階です「こんにちは~お疲れ様です
190620太宰府市C_0002-min

▼筋交いが終わっています。斜めの木が「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。
190620太宰府市C_0008-min

▼丁寧なお仕事です美しい
190620太宰府市C_0009-min

▼2階から音がしているので、棟梁の泊好樹大工は2階で作業のようですそれでは2階へ上がってみます
190620太宰府市C_0003-min

▼「お疲れ様です」棟梁泊好樹大工は金物取付の真っ最中でした
190620太宰府市C_0018-min

▼筋交いプレートです地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。190620太宰府市C_0021-min

▼必要な箇所に必要な金物を取り付けていきます「大変なことは、数が多いことですかね」…数百本のビスの数を留めますからね
190620太宰府市C_0022-min

▼「おじゃましました~」更に上へ行ってみましょう屋根は、コロニアル葺きの屋根材が施工されていました
190620太宰府市C_0011-min
190620太宰府市C_0012-min

▼小屋束の高さの違いで、屋根の勾配が分かりますね
190620太宰府市C_0015-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください