福岡県太宰府市02 注文住宅建築現場リポート⑤ ~上棟式~

こんにちは

昨日2月25日(土)、福岡県太宰府市にて上棟式を無事に執り行いました午前中は曇りでしたが、午後からは綺麗な青空が広がり絶好の上棟日和となりました早速、その模様をリポートさせていただきます

▼午前7時50分ごろ、上棟式にかかせない縁の下の力持ち、ラフタークレーンの到着です
20170226 (1)

▼そしてほぼ同時に、施主ご一家もご到着早速、現場監督の小屋町から棟梁の田口大工を紹介させていただきました
20170226 (2)

▼早速、建物の四方のお清めがはじまりましたまずは、棟梁の田口大工がお塩をおきます。
20170226 (3)

▼続いて、お嬢様のセナちゃんがお米を置きます。この後、ご主人にはお神酒をかけていただきました
20170226 (4)

▼四方のお清めが終わると、全員で工事の安全を祈念して乾杯です
20170226 (5)

▼午前8時すぎ、ついに上棟作業がスタートしましたまずは、通し柱を立てていきます福岡工務店では、専属の大工職人による見事な連係で、立ち上げから上棟までわずか1日で終了しますぜひ、ご自身の上棟式の際は、大工職人の動きにご注目ください
20170226 (6)

▼親子揃って経験する初の上棟式施主ご一家は、嬉しそうに記念撮影中でした素敵な思い出がまた1つできましたね~
20170226 (7)

▼午前8時15分ごろ、あっという間に1階の柱が立ちましたこの後、梁などの横の部材を取り付けていきます
20170226 (8)

▼右では、クレーンを使った梁の設置。そして左奥では、手作業で梁をかけていますそれぞれが連係しながら、丁寧に作業を進めていきます
20170226 (9)

▼大きな梁や胴差しの設置が完了すると、今度はその間に設置する横架材を取り付けていきます
20170226 (10)

▼梁や胴差しの設置が完了すると、専用の金物でそれぞれの部材を固定する作業が始まります部材同士を1~3本の既定の本数で取り付けています
20170226 (11)

▼その頃、1階ではベテランの泊大工と高田大工による「建て入れ直し」の作業が始まりました建て入れ直しの作業では、「下げ振り」と呼ばれる専用の機材で、1本1本柱の垂直を図っていき、微調整をしていきます。柱は建物を支える重要な部材少しの傾きも許されませんじーっと下げ振りを見つめます
20170226 (13)

▼ぴったり垂直です
20170226 (12)

▼建て入れ直しが終わると、2階の床板を一気に敷いていきます木材が格子状になったところに床板が敷かれます右手前は吹き抜けです。大きな吹き抜けうらやましいですね福岡工務店の住宅は、家全体が魔法びんのように断熱材で覆われているので、このように大きな吹き抜けをつくっても、室内の温度のムラはほとんどありません
20170226 (14)

▼床板が敷き終わると、2階の柱が運ばれてきました
20170226 (15)

▼こちらも1階同様、手際よく柱を立てていきます
20170226 (16)

▼大工さんといえば、無口な人ばかりという印象が強いですが、福岡工務店の大工職人は皆、気心がしれた者同士時より笑顔を見せながら、楽しそうに仕事をします
20170226 (17)

▼そして、真剣な姿もカッコいいです
20170226 (18) 20170226 (19) 20170226 (20)

▼午前10時15分、「小屋梁」の設置までほぼ完了しました。この時点で一旦休憩タイムです
20170226 (21)

▼作業が再開されると、屋根部分の工事が始まりましたまずは、垂直の部材「小屋束」取り付けられ、「母屋」と呼ばれる部材の取り付けが始まりました
20170226 (22)

▼午前11時30分、上棟作業開始から3時間30分。ついに「棟木」の設置ですこの棟木の設置が完了するとついに「上棟」を迎えます
20170226 (23)

▼朝は曇り空だった空も、この頃になると上棟を祝福するかのように、綺麗な青空が広がっていました
20170226 (24)

▼作業はどんどん進みます。今度は、屋根に取り付けられたそれぞれの部材を「かすがい」と呼ばれる金物で固定していきます
20170226 (25)

▼そして屋根にかかる横方向の力に耐えられるように「雲筋交い」を取り付けていきます。まずは、屋根の垂直部材「小屋束」がそれぞれ垂直になっているか1本1本測って、問題なければ、筋交いを固定していきますそして、この作業の後は待ちに待った昼食会のお時間です
20170226 (26)

▼屋根から1階の降りると、そこにはサプライズがなんと施主ご一家の皆さんが手書きで、メッセージを添えてくれていたのですしかも、このメッセージの中にはホッカイロが本当に心温まるサプライズに胸がジーンとなりました
20170226 (27)

▼昼食会は、住宅コンシェルジュの池田の司会でスタート。棟梁の田口大工を紹介させていただいた後、ご主人様から暖かいお言葉をいただきましたそして、現場監督の小屋町の乾杯の挨拶でお食事タイムがスタートです
20170226 (35)

▼昼食会の後は、恒例の現場案内ですようやく形になってきた我が家新しい我が家での生活に、ますます期待が高まります
20170226 (36)

▼楽しかった昼食会もアッという間に終わり、午後2時、上棟作業が再開されました先ほど「母屋」や「棟木」の設置が終わった屋根に「垂木」と呼ばれる部材を載せていきます
20170226 (37)

▼釘で仮留めしていたところに、専用のビス「タルキック」で固定していきます
20170226 (38)

▼垂木の設定が完了すると、福岡工務店の特徴でもある外断熱材「キューワンボード」の設置が始まりました
20170226 (39)

▼見ていただいて分かるように、キューワンボードは光を鏡のように反射します。これは、一般的な外断熱と違い、断熱材にアルミの素材が両面に貼られているためで、福岡工務店の特徴のひとつです。このキューワンボードと高い施工精度のおかげで、夏の強烈な太陽光から発生する熱でも、遮熱することができ、夏は涼しく、そして、隙間のない家づくりと断熱材によって保温ができるので、冬は暖かい住環境が実現できるようになっています
20170226 (41)

▼上から撮影すると、強烈に眩しいです
20170226 (42)

▼断熱材の設置が完了すると、その上に通気層を確保するための「通気胴縁」を設置して、固定します
20170226 (43)

▼続いて、「野地板」と呼ばれる屋根の下地板を敷き詰めて、釘で固定していきます
20170226 (44)

▼本日の上棟作業の最後は、先ほど設置した野地板に「ルーフィング(防水シート)」を設置する作業です。この作業は、ルーフィング専門業者の手によって行われます。ここまでの工程が完了すると、無事に上棟式の終了です。
20170226 (45)

上棟式、誠におめでとうございますこれからの本格的に始まる家づくり、ぜひ楽しまれてください

20170226 (46)

 

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください