福岡県太宰府市02 注文住宅建築現場リポート① ~地鎮祭~

こんにちは 本日12月25日(日)、クリスマスの日綺麗な青空が広がり、冬とは思えない暖かさの中、福岡県太宰府市にて地鎮祭を執り行いました

早速、その様子をリポートさせていただきます

▼午前8時45分、準備が整いました。施主ご一家も無事にご到着です
20161225-1

▼地鎮祭を始める前に、まずは神主さんより作法について説明があります。1つ1つ丁寧にご説明させていただきますので、今後地鎮祭を控えているお客さまも安心してお越しください
20161225-2

▼「修祓(しゅばつ)」という声が発せられ、ついに地鎮祭がスタートしました
20161225-3

▼まずは、神様をこの地にお招きする前に、しっかりとお清めをしていただきます。神主さんが手に持っているのは、「大幣(おおぬさ)」と呼ばれるものですこの後、「降神の儀」にて神様をこの地にお迎えし、「祝詞奏上」をさせていただきました
20161225-4

▼祝詞奏上が終わると、お神酒とお塩をもってテントの外に出てきました。これから「四方祓いの儀」を行い、土地をお清めしていきます
20161225-5

▼まずは、神主さんが大幣を左右に大きく振って、お祓いします
20161225-6

▼ご主人様には、お神酒でお清めしていただきましたお神酒は、左右と真ん中の計3か所にかけていただきます。
20161225-7

▼続いて、奥様にはお塩でお清めしていただきましたこちらもお神酒と同様に3か所に撒いていただきます。
20161225-8

▼テントに戻ってきました引き続き、施主ご一家の皆様にご参加いただき、「刈初の儀」「鍬入れの儀」「杭打ちの儀」をおこないます。まずは、ご主人とお子様のリツキくんが一緒に「刈初の儀」をおこないました。ちょっとしたハプニングもあって、皆ついつい笑みがこぼれます
20161225-9

▼奥様とお嬢様のセナちゃんには、「鍬入れの儀」をおこなっていただきました
20161225-10

▼地鎮祭における福岡工務店の見せ場、「杭打ちの儀」です住宅コンシェルジュの樋渡と池田が担当させていただきました
20161225-11

▼続いては「玉串奉奠」です。神主さんから玉串をいただいて、ご神前にお供えしますそして、神社のお参りと同じように、2礼2拍手1礼をおこなっていただきました
20161225-12

▼福岡工務店からは代表して、住宅コンシェルジュの池田が玉串奉奠させていただきました
20161225-13

▼「昇神の儀」にて神様にお帰りいただいた後は、工事の安全と施主ご一家の家内安全を祈念して、全員でお神酒で乾杯です
20161225

▼乾杯の後は、神主さんより「上棟札」が手渡されます上棟札は、建物の棟上げが終わると、小屋裏に取り付けられるお札です。これは家が完成してしまうと見えなくなるものですが、陰で家と家族をしっかり守る大切なお札です
20161225-16

▼地鎮祭が無事に終わりました。地鎮祭の後は、図面を見ながら建物が建つ位置の最終確認をしていただきます駐車スペースやお庭の広さをイメージしていただきながら、設計の日高がご説明させていただきましたこの後、スタッフを先頭にご近所への挨拶回りもさせていただきました
20161225-17 20161225-18

▼担当がご夫婦へご説明している間、リツキ君とセナちゃんは仲よくじゃれあったりスタッフと遊んだりと、元気いっぱい楽しそうに走り回っていましたよ~兄妹、本当に仲がよくて、見ているこちらまで笑顔になってしまいます
20161225_1

▼代表の阿久津とお子様のリツキくんは、カメラに向かって仲よく「おーっ!」とポーズ
20161225-19

 

本日の地鎮祭、誠におめでとうございますこれからの家づくり、ぜひ楽しまれてください

20161225-1520161225-20

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください