福岡県太宰府市01 リポート⑦

福岡県大宰府市の現場へは小ドライブ気分で出かける私。

いつもは現場リポートツアーの真っ先に大宰府に行くのですが(渋滞に巻き込まれないために朝8時半に福岡市南区の自宅を出発)

昼間の太宰府の雰囲気(天満宮のそばを通過するのでその賑わいぶりとか)に触れたくて今日はここを最後の現場にしました。

太宰府は…すっかり秋が深まっています。

119-01.jpg

▼現場への坂道

119-02.jpg

▼残念なことに黄砂で宝満山方面は視界不良

119-03.jpg

▼現場が見えてきました

119-04.jpg

▼正面。
 
119-05.jpg

▼おやおや、石橋さんが木材をかついで外の空き地に運んでいます。

119-06.jpg

▼室内は木だらけ。何がなんだか…素人の目には雑然というか混沌というか…

119-07.jpg

▼先ほど石橋さんが運んでいた木材。

「国産品 杉ジャンボフローリング(無塗装)」と梱包に記載されていました。

南区清水の家と同様ここも地産地消の杉板フローリングになるようです

119-08.jpg

▼1階リビング部分の杉床を点検中の田口さん。

119-09.jpg

▼実は昼休み直前。

石橋さん、田口さん、現場監督の田之上さんの3ショット。

3人に無垢材のことを尋ねました。

私のマンションはチャチなフローリングですが、その類は厚さが薄いそうです。

このリポートの帰りにホームセンターで(フローリング用の)無垢材をチェックしたところ、それは厚さが20ミリありませんでした。

一方、ここ太宰府で使用されるものは厚さ30ミリ。スゴイ

119-10.jpg

▼昼休み後、立てかけられたこれらの杉板は2階に上げられ床貼り作業が行われます。

119-11.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください