那珂川町C 一覧

福岡県筑紫郡那珂川町C 注文住宅建築現場リポート②

8月16日(木)晴れ南区2現場・博多区1現場・那珂川町1現場の4現場のリポートをさせて頂きますお盆休暇をはさみ一週間ぶりの現場リポートです博多区よる那珂川町へお昼前から雨の予報が出ていましたので、雨が降ってこないことを願いながらの運転何とかお天気持ちありがたいです福岡県筑紫郡那珂川町の現場です7月2日の地鎮祭より1ヶ月半完成までしっかりリポートさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします

▼本日の現場です基礎工事が着工しています

20180816 (1)-min

▼田中土木さんによる土工事の根切り→砕石・転圧工事と進んでいます
20180816 (2)-min

20180816 (4)-min

20180816 (5)-min

▼回りの木枠は、やり方です。やり方とは、工事を着手する前に、建物の正確な位置、寸法、直角、地盤の水平を出すなど、建築では基礎工事完了までの重要なものです。福岡工務店では、やり方は現場監督が施工しています他社にはない福岡工務店のこだわりです
20180816 (3)-min

▼基礎工事には欠かせないやり方に、高さ基準の指示になる大事な印▲GL+550の印が記入されています
20180816 (6)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/


福岡県筑紫郡那珂川町C 注文住宅建築現場リポート① ~祝・地鎮祭~

こんにちは

昨日 7月2日(月)、福岡県筑紫郡那珂川町にて地鎮祭を執り行いました
台風の接近で雨が降るか心配しておりましたが、なんとか傘いらずの地鎮祭になりました

それでは、早速、地鎮祭の模様をリポートさせて頂きます

▼午後2時ごろ、準備も整いました。あとは施主ご一家の到着を待つだけです
180702 (1)

▼午後2時20分ごろ、施主ご一家が到着早速、息子さんは敷地にいるバッタを捕まえるために虫取り網を持って車から出てきてくれました
180702 (3)

▼まずテントに入る前に、施主ご一家とスタッフ全員は手を清めます
180702 (4)

▼地鎮祭を執り行う前に、神主さんより作法の説明があります。初めてという方でもどうぞご安心ください
180702 (5)

▼午後2時30分ごろ、地鎮祭がはじまりましたまずは、ご神前へむかって大きく一礼をします。
180702 (6)

▼神主さんが「大幣(おおぬさ)」を大きく振り、祭壇や参列者全員をお祓いします
180702 (7)

▼「降神の儀」にて、神様をこの地にお招きし、続いては「祝詞奏上(のりとそうじょう)」です。神様に祭祀(さいし)の意義や目的を申し上げる儀式になります。
180702 (11)

180702 (9)

▼一旦テントの外に出ると、「四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)」をおこないます。施主ご一家みなさんで敷地にお塩をお神酒を撒いていただき敷地を清めました180702 (12)

▼テントへ戻ると、地鎮行事である「刈初の儀(かりそめのぎ)」です。息子さんと一緒におこなっていただきました
180702 (13)

▼続いて「鍬入れの儀(くわいれのぎ)」です。「この敷地を整地しますよ」と神様にお披露目する意味があります
180702 (14)

▼今回、「杭打ちの儀(くいうちのぎ)」も息子さんに協力してもらいました
180702 (15)

▼続いては、「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」です。玉串奉奠は、工事の無事竣工やご家族の健康、お子様の健やかな成長など、数々の思いを玉串(榊に紙垂をつけたもの)によせ、ご神前に捧げるものです。
180702 (16)
180702 (17)

▼玉串を祭壇に捧げた後は、二礼二拍手一礼をおこないます
180702 (18)

▼地鎮祭行事の最後は「昇神の儀」を行い、神様にお戻り頂きます
180702 (19)

▼これにて、地鎮祭の神事がすべて終了いたしました式が無事に終了したことと、そして工事安全&家内安全を祈って、乾杯です
180702 (20)

▼地鎮祭が終わった後は、今後の工事の時期のお話をさせて頂きます
180702 (21)

▼打ち合わせが終わったら、ご近所へのあいさつ回りへ向かいます。福岡工務店のスタッフも一緒に行きますので、ご安心ください
180702 (22)

▼本日の地鎮祭、誠におめでとうございますこれから始まる念願の家づくり、ぜひお楽しみください
180702 (23)