• このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡県筑紫野市C 注文住宅建築現場リポート②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、12月3日(月)雨本日は筑紫野市Cの現場からリポートをお伝えいたします本日は生憎の空模様でしたが、気温は低くないので、まだ過ごしやすいですね今週一週間は雨模様が多くなる一週間だそうで雨続きだと、洗濯物が本当に大変ですよねこの間折角早めの年末大掃除でカーテンを洗濯したのに、部屋干しすると湿気がカーテンに移るのでまた晴れ間が出たら洗わないとですね今年は暖かい冬だということで、未だにコタツだけで過ごせていますコタツも一番下の温度か、付けてなくてもコタツ布団の中だけでも暖かい時があります福岡工務店の家に住んでいる方は、冬や夏こそ性能を発揮すると言うことなので、今の時期はまだ何も付けなくても快適に過ごされているかもしれませんね

▼本日筑紫野市Cの現場です約一か月半前の地鎮祭から基礎工事がかなり進んでいました
DSC_0028-min

▼周りの木は「やり方」です工事を着手する前に、建物の正確な位置、寸法、直角、地盤の水平を出すなど、建築では基礎工事完了までの重要なものです。福岡工務店では、やり方は現場監督が施工しています他社にはないこだわりです
DSC_0029-min

▼基礎工事の土工事、やり方、砕石・転圧工事まで終わり、配筋工事が終わっていますこれから型枠取り付けへと進み、その後土間コンクリート打設へと進んでいきます
DSC_0030-min DSC_0032-min

▼グレイ色のシートはターミダンシートです防湿・防蟻の大事な役割を果たします人体への安全性が高く環境にも優しいです次回リポートは土間コンクリート打ち以降なので、見られるのは今だけです
DSC_0034-min

▼コンクリート打設前に外周部分に型枠を設置していくための型枠が搬入されています
DSC_0035-min DSC_0036-min

▼周りの土が盛り上がっている部分は根切りです根切りとは、基礎コンクリートを打つために一定の深さまで掘ることです
DSC_0038-min

それでは次回のリポートもお楽しみに(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加