福岡県筑紫野市09 注文住宅建築現場リポート⑤

こんにちは。リポート担当の平野です。12月22日(火)曇り。本日は、棟梁の泊大工をはじめサイディング職人や電気職人など多くの職人さんが集まっていました。外部ではサイディングの取り付け工事、内部では普段あまり見ることができない電気配線工事や24時間換気の取り付け工事が行われていました。

それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼サイディング材が到着しています。サイディング材はカットされた状態で搬入されるのではなく、職人さんが現場で採寸し一枚一枚丁寧にカットしていきます。

▼こちらは通気胴縁です。サイディング材とキューワンボードの間に通気層を確保する役割をしています。

▼1階部分です。

▼壁や天井には石膏ボードを取り付ける前の下地が取り付けられていました。

▼弟子のケント君です。ニッチ部分の下地の施工を行っていました。寸法を測って部材をカットし、丁寧に取り付けていきます。

▼取り付け後はこのような感じになりました

▼松尾親子です。配線工事と24時間換気の施工を並行して行っていました。

▼24時間換気システムはこのように石膏ボードに大きな穴をあけて、ダクトを通していきます。

▼こちらは配線工事の様子です。複数個所に配線を通し、一つに束ねているところです。

▼棟梁の泊大工です。階段の施工を進めておりました。部材の採寸をし、ミリ単位で調整していきます。とても手際よく着々と進められていましたよ

▼側桁の取り付け完了です。

▼続いて、踏み板の施工に進んでいきます。側桁同様、一枚一枚採寸してカットしていきます。

この後、外部ではサイディング貼り、内部では階段の施工が引き続き行われ、石膏ボード貼りが行われていきます。

それでは、次回のリポートもお楽しみに

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください