福岡県筑紫野市09 注文住宅建築現場リポート④

こんにちは。リポート担当の有村です。12月7日(月)晴れ。本日は、上棟後どのように現場が進んでいるか見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼外側には耐力面材の上から外断熱材キューワンボード貼りが行われていました。キューワンボードの継ぎ目には専用の気密テープでしっかり留められています。

▼1階部分です。

▼こちらの斜めに取り付けられている部材は筋交いといいます。建物が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱となっています。

▼様々な種類の金物を定められた箇所に留めていきます。社内検査や外部機関による検査で入念にチェックされていきます。

▼柱にはシロアリ予防済みのスタンプが押されています。

▼棟梁の泊大工です。石膏ボードを取り付けるための下地作りを行っていました。サクサクと作業を進めていく泊大工。丁寧さだけでなく作業スピードにも定評があります。

▼2階部分です。

▼2階では弟子のケント君が下地作りを行っていました。ガンや金づちを使う姿がさまになっていますね!

▼その頃、サッシの搬入が行われていました。いろいろな業者さんの力が集まって1軒の家づくりが行われていくと考えると、なんだか感慨深いですよね。

この後、サッシの取り付けが行われ、気密検査に向けて作業が進んでいきます。
それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください